ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 令和百人一首13 | トップページ | 令和百人一首15 »

2020年1月29日 (水)

令和百人一首14

【027】藤原道長

 この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることも無しと思へば

【028】九条良経

 春の田に心を作る民も皆降り立ちてのみ世をぞ営む

【コメント】道長は平安中期の摂関政治全盛時の権力者。上皇、天皇、皇太子の妃が全員彼の娘というありさま。本作は娘威子が後一条天皇の后になった日に詠んだと伝えられる。片や九条良経は鎌倉時代の人。何故つがいにするかというと、二人とも従一位太政大臣である。従一位は生前に登り得る最高位。「位人臣を極める」状態だ。加えて二人とも「世」をキーワードにしている。おまけに係助詞「ぞ」を要所に配置する。道長のお歌は超有名。中学の教科書に載っていたはずだ。「もののあわれ」主流の和歌業界にあって異端中の異端だ。侘しいこと憂きことを詠んでなんぼの和歌なのにあからさまな得意顔が目に浮かぶ。

良経のお歌は「撫民」の歌。支配者が民を思いやるという形式である。天皇がよく詠ずるのを見かけるが、位人臣を極めた彼が歌うとそれなりの説得力がついてしまう。「春の田に心を作る」とはなかなか言い出せぬ。民が田に降りてくれてこそ世の中が成り立っているという着眼に加え、その板に付きっぷりも只事ではない印象。この人の作品の中から1首という趣旨で選んだら、本作を選ぶ人は滅多にいないと思う。私ならではだ。新古今和歌集収載の歌ではないが、どうしてどうしてご本人は新古今和歌集では序を執筆する一方、歌集先頭に据えられたVIPである。小倉では「後京極摂政前太政大臣」となっていてわかりにくい。38歳の若さで就寝中に急死した。おそらく源実朝が最も参考にした歌人である。さしずめ和歌のメンデルスゾーンだ。

« 令和百人一首13 | トップページ | 令和百人一首15 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 令和百人一首14:

« 令和百人一首13 | トップページ | 令和百人一首15 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ