ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 令和百人一首14 | トップページ | 還暦祝い »

2020年1月30日 (木)

令和百人一首15

【029】源義家

 吹く風を勿来の関と思へども道も狭に散る山桜かな

【030】源頼政

 庭の面はまだ乾かぬに夕立の空さりげなく澄める月かも

【コメント】西行に目をつむるならば、小倉百人一首に武士の採用は源実朝ただ一人なのだが、わが「令和百人一首」ではそうもいかぬ。いよいよ温まってきたところで武士の登場である。まずは源氏。鎌倉幕府創設の頼朝の曾祖父源義家。勿来は「なこそ」と読む。現在の福島県いわき市で陸奥の入り口だった。「来るな」の意味があることをとらえて、花散らす風を「来るな」と念ずるも、道狭しと散る山桜だと詠む。これが撰者・藤原俊成の目にとまり、千載和歌集に採用されたことで、彼は武名のみにとどまらず勅撰歌人として名を残すこととなった。勅撰入集はこれ一首だけとは言え、はずせぬ。一方の頼政は、摂津源氏の出。平家打倒に挙兵するも宇治川の戦いに敗れて平等院にて自刃。官位、従三位は武士として相当なもの。本作のしっとりとした透明感は新古今の予兆かとも。お気づきの通り「武士の台頭歌合せ」である。

« 令和百人一首14 | トップページ | 還暦祝い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 令和百人一首15:

« 令和百人一首14 | トップページ | 還暦祝い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ