ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 令和百人一首01 | トップページ | 令和百人一首03 »

2020年1月13日 (月)

令和百人一首02

【003】額田王

 あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る

【004】足利義尚

 摺衣君が袖振る春雨に紫野行き菫摘みてむ

【コメント】今後も歌人名赤文字は女性とする。額田王の本作は、万葉集屈指の秀詠。相聞歌にも見えるが、宴席での余興とされる。「野守」や「君」をさまざまに解する向きがある。本来本作との番いは、大海人皇子の返歌「紫の匂へる妹を憎くあらば人妻故に我恋ひめやも」とするべきところ、足利9代将軍の詠を抜擢した。足利義政の嫡男だが24歳で急死したプリンス。「摺衣」は山藍、つゆ草を原料にした花木柄の染衣だ。古来「袖」と言えば「濡らす」か「振る」かのどちらかだ。加えて濡らす原因は「涙」だし、振る相手は「恋人」と相場が決まっていた。本作は「振る」方だ。「摺衣」を強調したいだけの言葉のお遊びに過ぎまいが華麗だ。万葉屈指の歌に本歌取りをかます征夷大将軍を合わせることで、「紫野袖振り歌合せ」という趣向。

« 令和百人一首01 | トップページ | 令和百人一首03 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和百人一首01 | トップページ | 令和百人一首03 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ