ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 令和百人一首04 | トップページ | 真の狙い »

2020年1月16日 (木)

令和百人一首05

【009】有間皇子

 磐代の浜松が枝を引き結びま幸きくあらばまた環へり見む

【010】柿本人麻呂

 東の野にかぎろひの立つ見えて返り見すれば月傾きぬ

【コメント】有間皇子で飛鳥時代が終わり、人麻呂から奈良時代に入る。有間皇子は孝徳天皇の皇子。斉明天皇が紀伊の国牟呂の湯に行幸中に、謀反の意ありとして捉えられ、藤白の坂で絞首された。中大兄皇子の邪魔になったから排除された疑いが濃厚。本作は護送中の詠で事実上の辞世。「運よくかえってこれたら」という趣旨が痛切。大津皇子の辞世とともに万葉の絶唱。これを入れぬと飛鳥時代を終われない。

奈良時代の冒頭には歌聖・柿本人麻呂に登場願った。「東」は「ひむかし」と読む。一首選ぶのは大変かと思いきや、高校の古典の授業で初めて習い、私の人麻呂像に決定的な影響を与えた一首であっさりと収まった。

« 令和百人一首04 | トップページ | 真の狙い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和百人一首04 | トップページ | 真の狙い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ