ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 望外の幸せ | トップページ | 令和百人一首12 »

2020年1月26日 (日)

令和百人一首11

【021】紀貫之

 袖ひじて結びし水の氷れるを春立つ今日の風や解くらむ

【022】源俊頼

 さまざまに心ぞ留まる宮城野の花のいろいろ虫のこえごえ

【コメント】紀貫之は古今和歌集の撰者にして勅撰入集475首の最多記録保持者だ。「古今」「後撰」「拾遺」のいわゆる三代集すべてで「最多入集歌人」となっている。詠んでいるのは立春だが遠く夏の日に「袖を濡らしてすくった水」を思い起こす。冬にはその水が凍っていたのだが、春になった今日の風が解かしてくれているのだろうと、現在推量をかます。「水」をキーに一首の中に3つも季節を凝縮して見せる神業だ。袖を濡らすのが涙でないのもすがすがしい。和歌界のモーツアルトか。俊頼とて勅撰入集207首を数える大歌人だ。おまけに第5勅撰和歌集「金葉和歌集」の撰者である。本作は明示はないものの季節は秋。宮城野といえば萩の名所である。「さまざま」「いろいろ」「こえごえ」という言葉のさざなみを意図的に繰り返すという技巧ながら、嫌みがない。和歌界のハイドンとくれば「平安大歌人歌合せ」だ。

« 望外の幸せ | トップページ | 令和百人一首12 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 望外の幸せ | トップページ | 令和百人一首12 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ