ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 皇紀2680年 | トップページ | 令和百人一首22 »

2020年2月12日 (水)

令和百人一首21

【041】慈円

 眺むれば我が山の端の雪白し都の人よあはれとぞ見よ

【042】親鸞

 明日ありと思ふ心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは

【コメント】慈円は摂政関白・藤原忠通の子。38歳で延暦寺管主に就任した。となれば本作にいう「我が山」とは当然比叡山だ。彼が都に降りてきて比叡山を見上げながら詠じたとされている。霊山比叡を我が山と断ずる気概こそが、根底にある。花も紅葉も無いが凛とした白は十分に哀れだと言っている。彼が執筆した歴史書「愚管抄」は当時を証言する第一級の資料であり続けている。勅撰入集269首を数える歌壇の中心人物であり、人格者であり、政権中枢のよき相談相手だった。亡き父はどうも僧侶好きだ。小倉百人一首の中で、寂蓮と慈円が筆頭格だった。

一方、親鸞は浄土真宗の開祖だ。本作は9歳の頃、師匠から「修行を明日にしたら」と言われて返した歌だ。「後回しにして今夜嵐が来たらどないすんねん」てなもんだ。見上げたリスク管理である。「あだ桜」で手厳しく油断をとがめられた師匠の名は慈円。

だから「師弟歌合せ」という寸法だ。

« 皇紀2680年 | トップページ | 令和百人一首22 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 皇紀2680年 | トップページ | 令和百人一首22 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ