ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 令和百人一首45 | トップページ | 西行没後830年 »

2020年3月30日 (月)

疫病退散奉納

世の中、ますます委縮してきた。新型コロナウイルスの話だ。オリンピックの延期も決まりいよいよ閉塞してきている。都市封鎖の現実味が重くのしかかる。ブログ「ブラームスの辞書」では注意深くコロナの話題を避けてきたが、そうも参らぬと本日初めて話題にする。

疫病退散を願ってお叱り覚悟のオリジナル和歌集を奉納することとする。そもそも昨今の騒ぎは、世が世なら国中の僧侶をかき集めて、加持祈祷をさせるレベルだ。神も仏も、いやいやイエスさまもマリアさまも総動員がいるはずだ。私も座視できぬ。

  1. し方の十年のきかなにも人にもせぬ縁あり
  2. 十の春にぞこころなき病まだ見ぬ後の世々に伝へむ
  3. きそびれまだ声聞かぬ鶯はころな憂しとて谷に籠もれる
  4. の病みを照らす心の拠りどころなりとて花の灯りをぞ待つ
  5. ふや我明日は家族か知らねども笑ふ我家をころなよくらむ
  6. 縦ならば目にもさやなるころなよけ荒き神々心して読め
  7. 花のころのみと春は添ひかねて声だに鎮む四方の営み
  8. 咲く花を神酒はころなと思し召す宴まばらなる花の下影
  9. 家々のふところなべて寒からし野辺のかまどに立つ煙無し
  10. まじないになるやならぬや試みにコロナの麦酒拝みてぞ飲む
  11. 毒消しの験と麦酒飲み干してこころなぐさむこの夕べかも
  12. 雛仕舞い遅れがちなる我家かなころな故にとむべも言ひけり
  13. 久方のころなに心砕くとも知恵の緒きらり卒業の子ら
  14. 白まゆみ家居する日の朝じめりころなよくとて香焚きにけり
  15. 夕気配こころなしにか暮れを急ぎなほ道の辺の人ぞ稀なる
  16. 秋来れば集ふ手筈の神無月ころな出雲と思いとどまれ
  17. 時は今大和島根を守るころ勿来の関を閉じて固めよ
  18. ぬ人をくに松ともき身かなかぬ藻塩にも小慣れつつ
  19. 物の名に既に籠めしか友則のしづこころなく花の散るとは
  20. 夕されば禊ぞ夏と知るこころならの小川に風そよぐとも
  21. 春の野にすみれ摘みにと歩み出てころなの峠踏みや越えまし
  22. きりぎりす鳴くさ筵は無けれどもころなころなと人ぞ鳴くなる
  23. 東風吹きて匂ひ起こせし梅の花時ぞ過ぐるところな広めそ
  24. 春過ぎて夏来るまでと祈るかなころな干すてふ神に仏に
  25. 玉鉾の道に子供の跡絶えて春まだ寒くころな討つなり
  26. 時を経て祟るころなる滝川の割れてや末も逢はで過ぐさむ
  27. 乙女をば留むばかりの天津風ころなの裳裾閉じてこそみめ
  28. 経も無く緯さへ見えぬ毛色かなころなたつとて吹く春嵐
  29. 山は裂け海は浅せなむころなるも流行り病に心閉ざすな
  30. 佐保姫の去るとも聞かぬ竜田川ころなをぞ絶て千早振る神
  31. 足引きのやまいの仕業憎むとも人のこころなさても忘れそ
  32. 切り貼りの歌にころなを閉じ込めて幣と手向けむ護れ神たち

願をかける以上、半端な数では聞き届けてもらえまいが百首に届かなかった。信心が足りてない。その代わり全てのお歌にコロナを刷り込んでおいた。「物の名」「折句」を一部含む。あるいはいくつか本歌取り割と真剣にぞありける。

20200314_204220

20200314_204240

おっと、こちらはお神酒だ。

 

« 令和百人一首45 | トップページ | 西行没後830年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和百人一首45 | トップページ | 西行没後830年 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ