ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 令和百人一首38 | トップページ | 令和百人一首40 »

2020年3月20日 (金)

令和百人一首39

【077】豊臣秀吉

 露と落ち露と消えにし我が身かな難波のことも夢のまた夢

【078】木下長嘯子

 亡き影にまた袖濡れて仕へけむ昔を今の賤の苧環

【コメント】076織田信孝からの名指しに応えて裏合わせの豊臣秀吉の登場だ。本作は聚楽第落慶の際に自ら筆記し、臨終に際して取り出させたと伝わる。異端と言えば異端なのだが、「露」「夢」の意図的反復など不思議な説得力も宿る。同語の繰り返しは禁じ手と知ってか知らずか、はたまたオフサイドぎりぎりで裏抜けを狙う狡猾なフォワードにも似た確信犯か。木下長嘯子の作品はその秀吉の一周忌に詠まれたもの。「お仕えした昔に戻りたい」と言いたいだけなのだが、「苧環」(おだまき)に事寄せた詠みっぷりに工夫を感じる。秀吉の一門衆として台頭したが関ヶ原の戦いでは不遇。京都東山に隠遁して文人として余生を送った。「秀吉ラブ」歌合せだ。

« 令和百人一首38 | トップページ | 令和百人一首40 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和百人一首38 | トップページ | 令和百人一首40 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ