ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 令和百人一首26 | トップページ | 令和百人一首28 »

2020年3月 2日 (月)

令和百人一首27

【053】伏見院

 花の上の暮れ行く空に響き来て声に色ある入相の鐘

【054】京極為兼

 立ち帰り人待ち顔に響くなり遠山寺の木隠れの鐘

【コメント】この二人師弟だ。054為兼が師匠で年長なのだが、伏見院は帝なので左方に寄せることとした。この措置により、052後嵯峨院と「祖父と孫裏合わせ」が実現することになる。京極為兼の弟子伏見院は玉葉集を筆頭におよそ300首近く入集する当代きっての歌人。后の永福門院とともに京極派の重鎮として長く君臨した。和歌界のマーラーか。

頂点たる定家・為家以降、和歌が歌道主義、マンネリに堕してゆく中抵抗を試みたと解される。それが京極派だ。光と影、精密な写実を旨に叙景歌を得意とする歌風だ。玉葉集は、言わばファーストアルバムで為兼はその撰者でもある。お叱りまで覚悟で申すなら和歌界のドビュッシーだ。

本2作どちらも体言止めにて鐘の音を愛でる。主役は音だから色彩は必ずしも華麗とは言い難いが、家持の「音のかそけき」にも通じるピアニシモの美学がある。「鐘の音」歌合せ。

9番目の勅撰和歌集「新勅撰和歌集」に25首採用されてデビューした源実朝は、その後21番目の最後まで勅撰和歌集に採られ続けるが、数の上では徐々に収載が減ってゆく。新作が現れないまま、よい歌からどんどん収載がすすめば、先細るのは当然だ。ところがそうした流れは、14番目の玉葉和歌集と17番目の風雅和歌集で、一瞬盛り返す。なんとなんと両者は京極派優位の和歌集だ。偶然ではあるまい。実朝は京極派から好意的に見られていたに違いない。だから京極派大好きという屈折ぶりはブラームスっぽい。

 

 

« 令和百人一首26 | トップページ | 令和百人一首28 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和百人一首26 | トップページ | 令和百人一首28 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ