ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 体言止め | トップページ | 本歌取りの楽しみ »

2020年4月20日 (月)

出典分布

「小倉百人一首」収載歌の出所は、全て勅撰和歌集だ。その構成は以下の通り。

  1. 古今 24
  2. 後撰 6
  3. 拾遺 11
  4. 後拾遺 14
  5. 金葉 5
  6. 詞花 5
  7. 千載 15
  8. 新古今 14
  9. 新勅撰 4 源実朝はここ。
  10. 続後撰 2 後鳥羽院、順徳院

説明が要るのは10番目の続後撰だ。成立は定家没後だからだ。後鳥羽院、順徳院は承久の変の戦犯扱いだったからか、幕府に忖度してか定家は選ばなかったので、その子為家が加えたとも取り沙汰される。事情があるはずだ。万葉歌人もこれらのどこかに包含されている。たとえば大伴家持は新古今だ。

さて、わが「令和百人一首」は悩ましい。勅撰和歌集の編纂が途絶えた後の時代も収載の対象としたからだ。以下に出典を示す。

  • 万葉集 11
  • 古今 3
  • 拾遺 1
  • 金葉 1
  • 千載 6
  • 新古今 9
  • 新勅撰 1
  • 続古今 2
  • 続拾遺 1
  • 玉葉 2
  • 風雅 3
  • 新後拾遺 1
  • 新葉 1

計42首。残りは私歌集か、勅撰以外の和歌集。不明も含む。万葉集が11首というのが対小倉としては特徴的。古今の激減は明らか。新古今躍進も顕著。選挙報道めいてきたが、この分布、選定中は意識していなかった。100首確定後に分析して自分でも驚いた。無意識だったからこそ、私の脳内組成を忠実に反映している。「新古今・千載」脳だということの他、玉葉、風雅にもうっすらとピークがある。

この組成、定家さまと盛り上がれそうだ。

 

« 体言止め | トップページ | 本歌取りの楽しみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体言止め | トップページ | 本歌取りの楽しみ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ