ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 三句で否定 | トップページ | 関はゆるさじ »

2020年5月12日 (火)

世も末

「脳内補正語」第14弾。仏教の教えでいう「末法思想」とまで行かなくても、この頃世の中何かと気づまりである。本日の話題は「末」だ。何かの端っこ、先端を意味する。枝の端くらいならシンプルだが「令和百人一首」の範囲に限っても以下ような繊細な用例がある。

  1. 焼き捨てし煙の末の立ち帰り春萌え出づる野辺の早蕨
  2. 頼むかな我が源の石清水流れの末を神に任せて
  3. 冴え昇る月にかかるる浮雲の末吹き払え四方の秋風

そのつもりで眺めると「梢」は「木の末」かとも思える。小倉さんちにも「末の松山波越さじとは」という名歌がある。端の他に時間的に「after」という意味もあり、おのおのの文脈の中で繊細に意味を変える。単純な先端の意味はかえって少ないかもしれない。

« 三句で否定 | トップページ | 関はゆるさじ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三句で否定 | トップページ | 関はゆるさじ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ