ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 俊成賛 | トップページ | 穂虫と履に物真似 »

2020年5月23日 (土)

京極派

藤原定家の息子・為家の相続に際して、お家騒動が持ち上がった。和歌の家元の内輪揉めだ。結果として、御子左家は、二条、京極、冷泉の3つに分家することになった。皇統が大覚寺統と持明院統に分裂したこととも重なって事情が複雑化したともいう。和歌の家元の最大のお仕事は、勅撰和歌集の撰進だ。撰者が単独なのか複数なのか、撰者が誰になるのかに皆、戦々恐々と腐心する。結果として二条家と京極家が持ち回りという体制になる。

京極派とはこのうちの京極家の歌風のことだ。為家の孫、為兼を始祖とする。徹底的な写実を旨とする歌風で、とりわけ叙景に優れていたと評価される。

10番目と11番目の勅撰和歌集を為家らが務めた後、12番目以降持ち回りになったと見ていい。14番目為兼が撰者となった「玉葉」と、17番目光厳院親撰の「風雅」が、京極派の仕切りによるものだ。

源実朝の作品が積極的に採用されていることから興味を持って鑑賞し始めたが、どうも新古今の正当な継承者かのような気がする。うまく説明できないのがもどかしい。

« 俊成賛 | トップページ | 穂虫と履に物真似 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 俊成賛 | トップページ | 穂虫と履に物真似 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ