ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 世も末 | トップページ | ひらがな効果 »

2020年5月13日 (水)

関はゆるさじ

「脳内補正語」第15弾。

  1. 旅人は袂涼しくなりにけり関吹き越ゆる須磨の浦風
  2. 吹く風を勿来の関と思へども道も狭に散る山桜かな
  3. 清見潟まだ明けやらぬ関の戸を誰許せばか月の越ゆらむ

いずれも「令和百人一首」収載の歌で、「関」が詠みこまれている。「関」は「関所」だ。主に治安維持のために人々の通行が制限された。夜間は通行止めであった。そうした制約に対して風や月が自由であるという感慨が読まれることが多い。関のあちら側は別世界であるという感慨も込められている。恋の歌では男女の一線の意味をも具備するし、都と近江の境界は「逢坂の関」という地名もあってさまざまにイメージが膨らんだ。

50年前、10歳の私が百人一首暗記に挑んだとき、最初に覚えたのが清少納言だ。「夜をこめて鳥の空音ははかるとも世に逢坂の関はゆるさじ」であるから、関との付き合いは相当長い。

« 世も末 | トップページ | ひらがな効果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世も末 | トップページ | ひらがな効果 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ