ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 新ドイツワイン | トップページ | 因果な性格 »

2020年7月21日 (火)

接ぎ木術

19世紀後半に欧州ワインを蹂躙したフィロキセラ。新大陸原産の寄生虫への対抗策を模索する中から編み出されたのが接ぎ木だ。

フィロキセラはブドウの根を壊滅させるのだが、北米産のブドウ品種にはこれに対する耐性が備わっていた。北米産のブドウに欧州産のブドウを接ぎ木することで解決を見た。

さらに接ぎ木の技術が急速に進歩し、対フィロキセラ以外にも様々な恩恵がもたらされた。栽培環境に最適な台木と接ぎ木の組み合わせを自由に選ぶことが出来るようになった。

そして毎度毎度のオチ。

北ドイツ音楽の伝統のハンブルクという台木にウィーンを接ぎ木したのがブラームスである。マーラーはブラームスの晩年を指して「堅くこわばっているが甘い果実を結ぶ」と評した。

 

« 新ドイツワイン | トップページ | 因果な性格 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 接ぎ木術:

« 新ドイツワイン | トップページ | 因果な性格 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ