ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 祝賀三重奏 | トップページ | 次なる努力目標 »

2020年7月 6日 (月)

和と洋

ブラームスを生涯の作曲家と決めて40年。そのうち15年をブログ「ブラームスの辞書」と歩んできた。ブラームスを起点に下記のようにさまざまな領域への展開も進んだ。

  1. バッハ さらにここからドイツバロックを経てルターだ。オルガンもある。
  2. ドヴォルザーク
  3. 音楽史
  4. 民謡
  5. ドイツ語方言
  6. ドイツの地名
  7. ビスマルクとドイツ史
  8. コーヒー
  9. ビール
  10. サッカー
  11. 鉄道

そしてこの度の「令和百人一首」である。源実朝の就任試験だった。実朝を生涯の歌人とするかが問われたが、彼は試験をパスした。晴れて源実朝は私の生涯の歌人となった。これ以降、実朝とブラームスを和洋の両輪として知識を吸収し、横展開を図ることとする。

まずは古典和歌だ。音楽ではすでに「壊すべき古典」を持っているつもりだから、実朝を起点に日本文化の中にそれを求めていく楽しみな作業だ。

 

 

« 祝賀三重奏 | トップページ | 次なる努力目標 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝賀三重奏 | トップページ | 次なる努力目標 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ