ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ブログ開設5555日 | トップページ | チェンバロ協奏曲ニ短調 »

2020年8月14日 (金)

カデンツァ

協奏曲中に挿入される演奏者の即興演奏のことまたはその部分。何故か時代が進むにつれて作曲家がこれを承認したがらなくなる。演奏と作曲の分業が進んだせいとも指摘されているが詳細は手に余る。

ブラームスは超一流の作曲家でありながら、同時に達者なピアニストだった。自作以外のピアノ協奏曲を公開の場で弾いたことも少なくない。そうした機会には自作のカデンツァを披露していた。

  1. バッハ クラヴィーア協奏曲ニ短調BWV1052の第3楽章
  2. ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番ト長調op58第1楽章、第3楽章
  3. ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37第1楽章
  4. モーツアルト ピアノ協奏曲ト長調KV453第1楽章、第2楽章
  5. モーツアルト ピアノ協奏曲ニ短調KV466第1楽章
  6. モーツアルト ピアノ協奏曲ハ短調KV491第1楽章
  7. モーツアルト ピアノ協奏曲ニ短調KV466第1楽章 マッコークルは疑っている。

以上だ。

ブラームス側にカデンツァを作る気があっても、ロマン派の作曲家は演奏家の即興を認めていない。お許しがあればショパンやシューマンの協奏曲用にカデンツァの1つや2つひねり出すのは容易だったと思われる。

« ブログ開設5555日 | トップページ | チェンバロ協奏曲ニ短調 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カデンツァ:

« ブログ開設5555日 | トップページ | チェンバロ協奏曲ニ短調 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ