ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« トッカータ | トップページ | 第二次バロック特集もどき »

2020年9月16日 (水)

疑問の根っこ

バッハの残した器楽作品が何かと6曲一組だと述べてきた。加えて記事「トッカータ」では、元来7曲のトッカータのうち、7番ト長調が様式的に浮いていることを根拠に、「やっぱり6か」と色気を見せておいた。

現代に伝えられているバッハの作品は、厳密な出版管理の結果ではない。ブラームス作品は、出版が作曲者本人に管理されていたから、残された作品の全貌がそのまま「残したいと欲したブラームスの意図」を反映しているのに対し、バッハはかなり多くの作品が散逸している。現代の愛好家が参照可能な作品リストは、「運よく散逸を免れた作品」のリストであるとも言い換え得る。

だから、器楽作品が何かと6曲一組が多いとドヤ顔で指摘したところで、「それは、必ずしもバッハの意図ではないでしょ」と、鋭い突っ込みを誘発する。ブランデンブルク協奏曲を6曲としたのはバッハ自身だし、ヴァイオリンやチェロのための無伴奏作品が6曲であることも、おそらくバッハ本人が絡んでいるにしてもだ。

問題を言い換えることにする。

「散逸を免れた結果残る作品が何故いつも6曲なのか?」ということだ。

 

 

« トッカータ | トップページ | 第二次バロック特集もどき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疑問の根っこ:

« トッカータ | トップページ | 第二次バロック特集もどき »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ