ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« バッハのフーガ | トップページ | 鏡像 »

2020年9月 6日 (日)

半音階的幻想曲とフーガ

バッハのクラヴィーア作品の一つでニ短調BWV903を背負っている。「半音階的」というのがロマン派諸氏の琴線に触れたのか、バッハが忘れられていた時代にも、例外的に人気があったという。ブラームスの伝記の中でもブラームスのお気に入り作品の一つして言及されていることが多い。

「半音階的」というネーミングの元になったのが、後半のフーガの主題だ。「A-B-H-C」という具合に半音上昇が3回連続して立ち上がる。何と言ってもこれは「BACH」のスペルを並べ替えた代物だ。このあたりの曰くありげなところが、ロマン派好みだと思われる。3小節目には「E-F-Fis-G」も現れて半音の上行を強調するしかけになっている。

実はこの一連の半音進行を聴くと思い出す作品がある。「H-His-Cis-Cisis-Dis」と立ち上がるインテルメッツォop116-6には、この手の半音進行が入れ替わり立ち替わり現れる。拍子も同じ4分の3だ。2つ目のHisが、同時に鳴らされる「H」と7度でチャーミングに衝突するのを楽しむ音楽だ。もちろんこちらはフーガにはなっていないが、ブラームスのバッハラブの反映かもしれない。

« バッハのフーガ | トップページ | 鏡像 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半音階的幻想曲とフーガ:

« バッハのフーガ | トップページ | 鏡像 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ