ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 在宅半年 | トップページ | フーガ »

2020年9月 3日 (木)

ブラームスはチェンバロを弾けたか

ブラームスが過ごした19世紀後半はいわゆる「バッハルネサンス」で、バッハの功績が再評価された時代なのだが、バッハの時代に主流だった楽器が衰退していたケースもある。バッハ時代のクラヴィーアは、本来「チェンバロ」のはずだが、構わずピアノで演奏された。ブラームスは幼いころからバッハをたたきこまれたが、クラヴィーア曲の演奏はピアノだった。

はたしてブラームスはチェンバロを弾けたのか?これは興味深い疑問だ。

その疑問への答えは「YES」だと思っている。その根拠は、バッハの宗教作品の通奏低音に「オルガンの代わりにチェンバロは可能か」と当代の専門家に発した質問だ。ブラームスは現実問題としてカンタータの通奏低音にチェンバロを想定していた。少なくとも「ピアノはもってのほか」という認識だったと推測する。ジンクアカデミー指揮者としてバッハのカンタータを頻繁に取り上げたブラームスは解釈と楽器の起用をとことん考えていたはずである。

チェンバロについての相当な情報なしに先の質問が発せられるハズはない。ブラームスはクララがピアノで弾くバッハに心酔していた一方で、チェンバロも弾けたと想像する。

 

 

 

 

« 在宅半年 | トップページ | フーガ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームスはチェンバロを弾けたか:

« 在宅半年 | トップページ | フーガ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ