ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 人の望みの喜びか | トップページ | パーチェ »

2020年10月 8日 (木)

10度のソナタ

旋律に10度の跳躍を含むことは珍しいと位置付けて、ブラームスのクラリネットソナタ第一番を特徴づけた。その考えは今も変わらぬが、バッハのヴァイオリンとチェンバロのソナタの中にその実例がある。

ハ短調BWV1017の第一楽章だ。

20161127_210003

上記がその場所。冒頭のいきなりの第一小節目。赤丸を付与した部分が10度の跳躍になっている。CからEsというハ短調の肝が10度に割られている。主音Cのオクターブ下降から行き着く暇なく第三音Esへのジャンプであり、非常に印象的。3度上にではなく10度上のEsであることがバッハの目的であることは明白だ。

ハ短調ソナタ全体に充満する緊張感の源泉とみている。

« 人の望みの喜びか | トップページ | パーチェ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10度のソナタ:

« 人の望みの喜びか | トップページ | パーチェ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ