ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 北斎生誕260年 | トップページ | ガンバソナタコレクション »

2020年11月 1日 (日)

ガンバソナタ

正確を期するなら「ヴィオラダガンバとチェンバロのためのソナタ」である。「ヴィオラダガンバ」はバロック時代には一般的だった楽器。6本弦が4度間隔でチューニングされるのだが、中央だけが長3度という不均衡な調弦。最低音はチェロのC線の1コ上のDだが、6弦の効果もあって音域は広い。弓で弦をこすって音を出すのだが、現代の主流のヴァイオリンとは系統の違う楽器だ。

明るく開放的で柔らかな音色で人気があったらしく、バッハはこの編成で3つのソナタを残しているのだが、おそらく1730年以降作品にガンバを用いていない。ブランデンブルクの6番と3曲のガンバソナタが活躍の頂点かとも思われる。

肝心な楽器としての普及度が落ち込んでしまった今、ヴィオラダガンバの代わりにチェロやヴィオラで演奏したり、チェンバロの代わりにピアノが用いられたりさまざまな組み合わせが可能だ。レッスンの先生のすすめで学生時代に練習していた。

特に3番ト短調BWV1029がお気に入りだ。

« 北斎生誕260年 | トップページ | ガンバソナタコレクション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンバソナタ:

« 北斎生誕260年 | トップページ | ガンバソナタコレクション »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ