ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 私とニフティ | トップページ | 交換要員 »

2020年10月29日 (木)

奇跡の組分け

一昨日の記事「リーガとウニオン」で、ドイツ語圏の作曲家について出身地をキーにプロテスタントとカトリックに無理やり分類した。乱暴は承知の上のお遊びだと申しあげたとおりだ。

<ウニオン>プロテスタント同盟

  1. シャイデマン
  2. シュッツ
  3. ブクステフーデ
  4. エルレバッハ
  5. テレマン
  6. バッハ
  7. ヘンデル
  8. パッヘルベル
  9. シューマン
  10. メンデルスゾーン
  11. ブラームス

<リーガ>カトリック同盟

  1. シュメルツァー
  2. ビーバー
  3. ハイドン
  4. モーツアルト
  5. ベートーヴェン
  6. ウェーバー
  7. シューベルト
  8. ワーグナー
  9. ブルックナー
  10. リヒャルト・シュトラウス
  11. マーラー

お遊びと割り切ってやったのだが、結果を見て凍り付いた。お気づきの諸賢は多いと思われるが、このメンツなら私はウニオンのサポーターになる。圧倒的にウニオン支持だ。もちろん私はキリスト教を信仰しているわけではなく、宗教についての知識はなきに等しいが、この棲み分けは出来過ぎている。

私の作曲家の好みは極端にプロテスタント側に偏っている。

私の好みが、これほどきれいにシンクロするとなると単なる偶然とは思えない。三十年戦争で確定したキリスト教新旧の枠組みが、人々の精神の内面に入り込み、作曲家の脳内にまで侵入した結果としての作品が、そうなっているからとしか思えない。

 

 

« 私とニフティ | トップページ | 交換要員 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の組分け:

« 私とニフティ | トップページ | 交換要員 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ