ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« BWV1029トリオソナタ版 | トップページ | かけもちの人たち »

2020年11月12日 (木)

さまざまな演奏形態

ヴィオラダガンバのためのソナタ3曲は、ヴィオラダガンバとチェンバロの二重奏という見た目になっている。実は元々はトリオソナタが原型だ。近い音域の独奏楽器2つと通奏低音の3つ。必ずしも3名の奏者だという訳ではない。通奏低音がチェンバロとチェロになることもあり、このときは4名の奏者が集う。

バッハのガンバソナタは「チェンバロとヴィオラダガンバのための」作品なのだが、チェンバロの右手が旋律楽器としてみなされ、従来の通奏低音はチェンバロの左手にゆだねられている。だから奏者は2名なのに成り立ちはトリオになっている。この構想はバッハの独創であると言われていて、やがて「二重奏ソナタ」として古典派以降開花することになる。

さてさて、そこで用いられる楽器「ヴィオラダガンバ」と「チェンバロ」は、今でこそいわゆる「古楽器」ブームにのって脚光があたっているが、19世紀には衰退の憂き目にあっていた。

19世紀後半のバッハルネサンス以降、バッハの作品が次々と再評価される中、衰退した楽器の代替が試みられた。「チェンバロ」の代替は申すまでもなくピアノだ。一方のヴィオラダガンバの代替にはチェロが大勢を占めた。稀にヴィオラが用いられる程度だ。

LPレコードの時代、これらソナタはチェロとピアノというカップリングで録音された。我が家所有のCDを演奏形態別に分類すると以下の通りになる。

  1. ヴィオラダガンバとチェンバロ 6種類 本来の形態
  2. チェロとチェンバロ 8種類 5弦チェロ含む
  3. ヴィオラとチェンバロ 6種類
  4. チェロとピアノ 5種類
  5. ヴィオラとピアノ 1種類
  6. ホルンとピアノ 1種類
  7. ヴィオラダガンバとオルガン 1種類
  8. チェロとオルガン 1種類
  9. コントラバスとオルガン 1種類 ゲーリー・カー版
  10. チェロとアコーディオン 1種類 藤原真理版
  11. チェロとギター 1種類
  12. ヴァイオリンを含むトリオソナタ版

いやはや多彩である。楽器の組み合わせにより味わいが大きく変化する。

 

 

 

 

« BWV1029トリオソナタ版 | トップページ | かけもちの人たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さまざまな演奏形態:

« BWV1029トリオソナタ版 | トップページ | かけもちの人たち »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ