ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 地味にバッハ | トップページ | ユニゾンの力 »

2020年11月30日 (月)

オブリガートヴァイオリン

ニコル・マット指揮ヨーロッパ室内合唱団の、「4声のためのコラール」DISC2に収められた「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」は、同曲集の白眉だ。バッハのBWV140の終末合唱として名高いがこちらも味わい深い。原曲はクラヴィーアソロであるところ、合唱を補ったヴァージョンなのだが、2コーラス目に独奏ヴァイオリンがさしはさまれる。

伴奏と申すにはあまりに可憐だ。事実上ソプラノとユニゾンで主旋律をトレースする。

同曲集6枚組数百曲の中でヴァイオリンがこのように加わるのはこの曲だけだ。編曲のセンスと言われてしまえばそれまでだが、2コーラス目にのみ加わるという巧妙さまで含めて職人芸だ。

 

 

 

 

« 地味にバッハ | トップページ | ユニゾンの力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オブリガートヴァイオリン:

« 地味にバッハ | トップページ | ユニゾンの力 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ