ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« チェンバロ側の事情 | トップページ | 第三のドッペル »

2020年11月16日 (月)

奇特なソリスト

ジュリアーノ・カルミニョーラはイタリアのヴァイオリニスト。ビオンディとならぶイタリアンバロックヴァイオリンの泰斗だ。

彼の演奏するバッハのヴァイオリン協奏曲集のCDが手元にある。イ短調、ホ長調、ドッペルニ短調の定番3曲に加えて、BWV1056とBWV1052がおさめられている。全体に切れ味を感じさせる演奏だ。

このうちの「2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043で奇妙な現象が起きている。本ディスクの主役カルミニョーラが独奏ヴァイオリンの2番を受け持っている。独奏ヴァイオリンの1番は、バックのオケのコンミスが受け持つというしくみだ。ライナーノートによれば、コンミスつまりこの女性はカルミニョーラの弟子だと書いてある。

昔、娘たちがヴァイオリンのレッスンでこの曲に取り組んだとき、先生が「2番の方が難しい」とおっしゃっていたことを思い出した。なのに我が家のコレクションは全て主役のヴァイオリニストが1番を受け持っている。カルミニヨーラだけが例外だ。無論このレベルのヴァイオリニストにとって同曲のソロパートの難易度が問題になるはずもないから、カルミニョーラの選択は一定の見識の表れに違いあるまい。そのつもりで聴くと2番の入りとかわくわくするから不思議だ。

 

 

« チェンバロ側の事情 | トップページ | 第三のドッペル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇特なソリスト:

« チェンバロ側の事情 | トップページ | 第三のドッペル »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ