ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« さようならディエゴ | トップページ | 地味にバッハ »

2020年11月28日 (土)

Sleeper's Awake当たり年

「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」というカンタータは、三位一体第27の主日に演奏されるのだが、復活祭が3月26日以前の年にしか存在しないと述べた。復活祭が3月26日以前になることがどれほど珍しいのか実感するために、「復活祭が3月26日以前だった年」を1650年にさかのぼって調べた。

  1. 1663
  2. 1674 11年ぶり
  3. 1690 16年ぶり
  4. 1693 3年ぶり
  5. 1704 11年ぶり
  6. 1731 27年ぶり
  7. 1742 11年ぶり
  8. 1758 16年ぶり
  9. 1761 3年ぶり
  10. 1769 8年ぶり
  11. 1780 11年ぶり
  12. 1788 8年ぶり
  13. 1799 11年ぶり 
  14. 1815 16年ぶり
  15. 1818 3年ぶり
  16. 1826 8年ぶり
  17. 1837 11年ぶり
  18. 1845 8年ぶり
  19. 1856 11年ぶり
  20. 1883 27年ぶり
  21. 1894 11年ぶり
  22. 1913 19年ぶり
  23. 1940 27年ぶり
  24. 1951 11年ぶり
  25. 1967 16年ぶり
  26. 1978 11年ぶり
  27. 1989 11年ぶり
  28. 2008 19年ぶり

未来についても調べた。

  1. 2035 27年ぶり
  2. 2046 11年ぶり
  3. 2062 16年ぶり
  4. 2073 11年ぶり
  5. 2084 11年ぶり
  6. 2103 19年ぶり
  7. 2119 16年ぶり

出方はやはりランダムかとも思うが、奇妙なこともある。ランダムにしては「11年ぶり」が多いような気がする。バッハの「BWV140」の初演は赤文字にしておいた1731年である。

2年連続は1度もない。間隔でいえば3年、8年、11年、16年、19年、27年に限られるのは興味深い。現在は次の2035年までの「27年ぶり」の中にいる。つ、つ、つまりブログ「ブラームスの辞書」のゴール2033年5月7日のブラームス生誕200年までの間に一度も出会わぬということだ。さらに「ブラームスの辞書」の開設まで遡っても2008年が一度きりだ。

 

 

 

« さようならディエゴ | トップページ | 地味にバッハ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sleeper's Awake当たり年:

« さようならディエゴ | トップページ | 地味にバッハ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ