ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ブライトコップフのクリスマス | トップページ | 愛するヨーゼフ »

2020年12月19日 (土)

BCJのクリスマス

BCJとは「Bach Colllegium Japan」の略だ。日本を代表する古楽アンサンブル。バッハのカンタータ全集はとくに名高い。リーダーの鈴木雅明先生はオルガンの名手としても名高い。我が家にはいくつかCDもある。

バッハを中心に据えたバロック特集を延々と展開してきているのに、BCJには今まで言及がなかった。私ごときが取り上げなくてもネット上での評価は安定している。

ところが、彼らのクリスマスキャロル集には何としても触れておきたい。演奏もさることながら、選曲と言い、時折オルガンのソロを挟みながらの配置と言い、何から何まで素晴らしい。いくつかのキャロルが日本語で歌われているのもうれしい。

 

20181128_183549
ひとつだけ、残念なことがある。「きよしこの夜」が英語で歌われていることだ。ドイツ語で聴きたかった。

« ブライトコップフのクリスマス | トップページ | 愛するヨーゼフ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BCJのクリスマス:

« ブライトコップフのクリスマス | トップページ | 愛するヨーゼフ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ