ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月31日 (木)

トマスのクリスマス

ライプチヒ、トマス教会合唱団のクリスマスキャロル集のCDだ。

20201218_093224

バッハがカントルを務めたあのトマス教会ということでテンションが上がる。1982年ということはつまり、ドイツ統一前東ドイツ時代の収録だ。1曲だけカール・ズスケのヴァイオリンがさしはさまれる。指揮はハンス・ヨアヒム・ロチュ。当時のトマスカントルだ。惜しむらくは録音場所がトマス教会ではないことだ。

その埋め合わせかどうか最初と最後にトマス教会の鐘が置かれている。

除夜の鐘替わりに。

2020年12月30日 (水)

バッハのクリスマス

このほど中古CDショップをうろついていて、興味深いCDを購入した。

20180523_130050_2

バッハの残したカンタータのうちクリスマス関連の作品を集めた4枚組だ。収録は以下の通り。

  1. BWV001 Wie Schoen leucht der Morgenstern 降誕祭第1日12月25日用
  2. BWV061 Nun komm,derHeiden Heiland 待降節第1主日用
  3. BWV036 Schwnicht freudig euch empor 同上
  4. BWV132 Bereitet die Wege,Breitet die Bahn 待降節第4主日用
  5. BWV063 Christen,atzet diesen Tag 降誕祭第1日12月25日用
  6. BWV091 Gelobet seist du,Jesu Christ 同上
  7. BWV110 Unser Mund sei voll Lachens 同上
  8. BWV121 Christum wir sollen loben schon 降誕祭第2日12月26日用
  9. BWV133 Ich freude mich in dir 降誕祭第3日12月27日用
  10. BWV122 Das Neugeborne Kinderlein 降誕祭後第1主日12月27日用
  11. BWV190 Singer den Herrn ein neues Lied  新年1月1日
  12. BWV153 Schau,lieber Gott,wie meine Feind 新年1月6日

指揮はヘルムート・リリンクさんで、テノールにペーター・シュライヤーがいる。つまり古い録音だということだけれどとても満足だ。どの曲もフィナーレが「さあみなさんご一緒に」と言わんばかりのシンプルなコーラスになっている。

これで700円だからたまらん

2020年12月29日 (火)

ブラームスのクリスマス

いくらなんでも、本企画にぴったりのCDが出ているはずもなく、仕方なく手持ちの音源を編集してプライヴェートCDを作成した。ジャケットまで手製である。

20201218_093108

さすがにクリスマスそのものという作品は多くない。クリスマスっぽく聴ければよしとばかりに少々強引に集めてみたから説明が要る。

  1. これはヴィオラとピアノを伴奏に従えたアルト独唱。れっきとしたクリスマスキャロル「愛しきヨーゼフ」である。
  2. 説明不要
  3. これもずばりクリスマスなので。
  4. 名高い名高い子守歌だ。
  5. こちらも子守歌「砂の精」。
  6. 民謡だ。「静かな夜に」なので。
  7. これはまったくあさっての「別れの歌」だけれどしみじみとするから無理矢理。
  8. 「一輪の薔薇が咲いて」という名高いクリスマスキャロルを基にブラームスがオルガンコラールにした。
  9. これも全くあさってだが、しみじみできることは保証付きだ。

2020年12月28日 (月)

Es ist ein Rosentsprungen

「Es ist ein Ros'entspungen」という。ブラームスの最後の作品「オルガンのための11のコラール前奏曲op122」の8番目に出て来る。古いクリスマスキャロルだ。様々な形でアレンジされているものを1枚のCDに焼いて楽しんでいる。

20201218_132516

ジャケットも作り込んだ。

各トラックのタイトルは演奏家を表している。オルガンは先のブラームスのコラールだ。そのピアノ編曲は6番と15番で6番がソロで。15番が連弾。残りは声楽アンサンブルと合唱。

しみじみする。

2020年12月27日 (日)

マリアは茨の道を行く

原題は「Maria durch ein Dornwald ging」という。マリア様の苦難を思いやる歌。クリスマスによく歌われはするのだが、深々とした短調なのが大きな特徴。悲しいというより清らか。大好きなので手製CDで味わっている。

20201218_132559

ジャケット上のタイトルは演奏者の名前になっている。こんなにあったかという感じ。気持ちを洗い清めたいときに24分少々の自己ミサ。

 

 

2020年12月26日 (土)

天の彼方から

オリジナルは「Vom Himmel hoch,da komm ich her」という。由緒正しきルター作のクリスマス用コラールだ。

  1. バッハ BWV606,700,701,738,769
  2. パッヘルベル  P478,479

ブクステフーデとテレマンには引用がない。

クリスマスコラールの決定版という位置づけと申してよい。その証拠にバッハのクリスマスオラトリオには何度となく登場する。日本での喧騒は12月25日で終わるが、ドイツでは年明け1月6日までがクリスマスで、ツリーは6日までは維持される。

2020年12月25日 (金)

クリスマスオラトリオ

BWV248を背負うバッハの代表作。1734年の完成とされている。

クリスマスオラトリオと一括で呼びならわされてはいるが、事実上6曲の教会カンタータの集合体とみなし得る。全6部の合計演奏時間は3時間弱だ。我が家のCDは3枚組になっている。1回の演奏会で全てというのはいささかもたれる。1日で全部通して演奏されることが前提になっているわけではない。初演ではキリストのお誕生日つまりクリスマスから翌年の1月6日までに6日に分けて途切れ途切れに演奏されたらしい。

1863年5月にウイーンのジンクアカデミーの指揮者に就任したブラームスは、翌年3月の演奏会で、このオラトリオから1,2,4,6部を抜粋して演奏している。何とこの演奏がクリスマスオラトリオのウイーン初演であった。ブラームス在職中のジンクアカデミーは、メンデルスゾーンによるマタイ受難曲の蘇演を契機に始まったバッハ再評価運動の推進役となった。ブラームスがその重要な牽引役だったことは言うまでもない。

クリスマスネタではあるけれど、どうにも渋い話題である。

2020年12月24日 (木)

ドイツバロック聖なる音楽

またとない企画CD集だ。クリスマス音楽でたどるドイツバロックの150年という触れ込み。7枚組とはいえ6000円とは、微妙だが踏みとどまれずに購入。

20201218_133638

プレトリウス、シュッツ、ブクステフーデ、トゥンダー、ヴェックマン、シャイデ、ヘルマンシャイン、シャイト、ハッマーシュミット、パッヘルベル、ゼレ、そしてバッハ。彼らが入れ替わり立ち代わり現れてはクリスマスの物語を奏でる。全部再生すると7時間を超える。

時間のあるときに少しずつゆっくりと。

 

 

 

2020年12月23日 (水)

ルターのクリスマス

CDのタイトル。CDオリジナルは「Luthers weihnachtslieder」という。

ルター作曲のコラールのうち、クリスマス関連の作品を、同時代の作曲家たちがアレンジしたものを集めたCDである。クリアなコンセプトですがすがしい。

20181128_183520

作曲家たちを登場順に列挙しておく。

  1. ハインリヒ・フィンク
  2. トマス・シュトルツァー
  3. エサイアス・ロイスナー
  4. ルーカス・オシアンダー
  5. バルタザール・レジナリウス
  6. ヨハン・ワルター
  7. ヨハネス・ハートゥング
  8. パウル・リュトケマン
  9. ミヒャエル・プレトリウス
  10. ゲオルグ・ポラルス
  11. アダム・グンペルツハイマー
  12. カスパール・オトマイヤー
  13. ヨハネス・シュトミウス
  14. マルチン・アグリコーラ
  15. カエリウス・セドリウス
  16. ハンス・レオ・ハスラー
  17. ゲオルグ・フォスター
  18. ヨハン・エッカルド

それにしても演奏者だ。Winter、Siedlaczek、Kebowは歌手たちとしてすんなりだが、末尾のSimone Eckertさんは指揮者だろうか。その肩書「Hamburger Ratsmusik」が気になる。ハンブルグ市音楽監督なのかもしれない。

 

2020年12月22日 (火)

ミュンヘンのクリスマス

ミュンヘンの聖ボニファティス教会で収録されたオルガンによるクリスマス曲集を買い求めた。ブラームスの「オルガンのための11のコラール前奏曲」op122から8番が採用されているだけで大して確認もせず即買いだった。

 

20180929_143530
ジャケットもおしゃれだ。

中身を見てみた。

20180929_143520
ブラームスの前にはバッハがある。クリスマスっぽい。

聴いてみて驚いた。ブラームスより後には、20世紀の作曲家の作品が並んでいる。11番目「目覚めよ呼ぶ声がきこえ」がある。繊細だ。ほんとに美しい。21番目はバーバーの作品「きよしこの夜」の主題によるコラール前奏曲だ。

そしてそして最大のお気に入りは16番「ベツレヘム」である。「キリストの生誕」と題された3つの曲集のフィナーレだ。ラスト近くに「きよしこの夜」が現れる。おそらくキリスト生誕の瞬間の描写だ。これには参った。心洗われるばかりの「きよしこの夜」だ。

2020年12月21日 (月)

トリプレッツ

クリスマス関連の作品を集めたCDなんぞ珍しくもない。単一の作曲家の作品に限るという制約を設けても、教会オルガニストならそこそこの作品がそろってしまうものだ。バッハ、ブクステフーデ、テレマン、プレトリウス、シュッツ、パッヘルベルなど、オルガン作品とカンタータをざっと探すだけでCD1枚分くらいは苦労なく見つかる。

本日の1枚は、バッハ、テレマン、ブクステフーデのクリスマスカンタータを1枚に収めたCD。

20181127_185403
ジャケットも美しい。

  1. Buxtehude:Cantata"Das neugebore Kindelein"Buxwv19
  2. Telemann:Missasopra"Ein Kindelein so Lobelich"TWV9:5
  3. Bach:Cantata"Ich freue mich in di"BWV133
  4. Telemann:Cantata"O Jesu Christ,dein Kripplein ist mein  Paradies"TWV1:1200
  5. Buxtehude:In dulci jubilo Buxwv52

見ての通り、バッハを中央に据えたシンメトリーな収録。我がブログ的にはパッヘルベルがいないのが惜しい。

 

 

2020年12月20日 (日)

愛するヨーゼフ

ブラームスの「2つの歌曲op91」は、ヨアヒムの長男出生を祝して作曲された。独唱をアルトと指定しているほか、伴奏にはピアノに加えてヴィオラが参加するという珍しさだ。

そのうちの2番「宗教的な子守歌」は、古いクリスマスの子もり歌「Joseph,Lieber Joseph mein」を定旋律として採用しヴィオラに受け持たせる一方、アルト独唱にはブラームス自らの旋律を歌わせるという凝った構造になっている。

このほど興味深いCDを入手した。

20180512_142100

クリスマスにちなんだ作品が、アンサンブルあり合唱ありでいろいろ取り混ぜられ13曲が収められている中の7曲目が、「Joseph,Lieber Joseph mein」だった。店頭で発見して、半信半疑で購入し、帰宅して再生したら思った通りだった。ブラームスのop91-2冒頭でヴィオラが奏でる旋律そのままが清らかなコーラスでが現れた。知識として「古いクリスマスソング」だとはわかっていたが、こうして実際のCDに収められているのを手に取ると、ひときわ味わい深い。

 

 

2020年12月19日 (土)

BCJのクリスマス

BCJとは「Bach Colllegium Japan」の略だ。日本を代表する古楽アンサンブル。バッハのカンタータ全集はとくに名高い。リーダーの鈴木雅明先生はオルガンの名手としても名高い。我が家にはいくつかCDもある。

バッハを中心に据えたバロック特集を延々と展開してきているのに、BCJには今まで言及がなかった。私ごときが取り上げなくてもネット上での評価は安定している。

ところが、彼らのクリスマスキャロル集には何としても触れておきたい。演奏もさることながら、選曲と言い、時折オルガンのソロを挟みながらの配置と言い、何から何まで素晴らしい。いくつかのキャロルが日本語で歌われているのもうれしい。

 

20181128_183549
ひとつだけ、残念なことがある。「きよしこの夜」が英語で歌われていることだ。ドイツ語で聴きたかった。

2020年12月18日 (金)

ブライトコップフのクリスマス

都内某シュップにて入手した。

20201211_161903

きゃーってなもんだ。

クリスマス用の紙袋。なんというクオリティだ。ドイツの名高い楽譜出版社ブライトコップフ社のクリスマスアイテムだ。大きさはほぼA4縦である。1719年は同社の創業年ということ。同社を象徴する熊がサンタクロース仕様になっている。デザインといい色使いといい。これに何を入れて渡したとしても、プレゼントが霞むことは間違いない。これほど贈り先を選ぶ袋もないだろう。プレゼントを開ける前に袋で盛り上がることは確実だ。

2020年12月17日 (木)

いつかお力を

昨日に続きベートーヴェンの話題。

ブログ「ブラームスの辞書」は2033年5月7日ブラームスの生誕200年の日まで、途切れずに記事を更新し続けることを目的にしている。あと13年、4524本の記事をひねり出さねばならない。

ベートーヴェンは、ブラームスにとっての位置づけの大きさや高さに比して、取り上げた回数が極端に少なかった。中学高校でベートーヴェンに没頭していたにもかかわらず、半ば意識的にベートーヴェンを避けてきた。

昨今のコロナ禍の影響がこんなところにも出てきた。感染拡大によって定着した在宅勤務により、バッハ→グールド→ベートーヴェンという順序でピアノ作品を聴く流れになってきた。高校時代にのめりこんだピアノソナタを今懐かしく聴いている。32曲どれを聴いても懐かしく感じる。同時に10代の自分がベートーヴェンのピアノソナタの何に惹かれていたのか思い出せずに苦笑している。

大学2年以降ブラームスにのめり込み、そこからドヴォルザーク、バッハ、ドイツバロックへと興味を広げた末、還暦を過ぎてまたベートーヴェンを聞きなおすというのも悪くない。

ブログ記事確保の意味でも、この先きっと、楽聖ベートーヴェンの力を借りる日が来る。

2020年12月16日 (水)

ベートーヴェン生誕250年

コロナウイルスの感染拡大さえなければ、今年はこの話題で盛り上がっていたはずだ。我がブログはブラームスを主人公としているだけあって、ベートーヴェン先生の位置づけは低くない。がしかし本日この記事を入れて5727本も堆積した記事の中でカテゴリー「304ベートーヴェン」に属する記事はまだ48本しかない。500に迫るバッハはもちろん、300に迫るドヴォルザークにも遠く及ばない。

いやむしろ、ベートーヴェンを48回しか取り上げずに5727本積み上げたことが奇跡的であると捉えなおすべきだろう。

本日私ごときが取り上げずとも、世界中で話題になっている。お誕生日おめでとう。

2020年12月15日 (火)

バロックのクリスマス

2014年発売のRIAS KAMMERCHOR演奏による「Stille Nacht...」とタイトルされたCD。音源は1972年から1986年にかけてなのだがリマスタリングされたのが2014年だという。アカペラ基本ながら、ときどきコントラバスが加わるという渋い編成だ。テキストはドイツ語かラテン語。

構成は以下の5部分からなる。

  1. ルネサンスから前期バロックまで13曲
  2. ロマン派 3曲
  3. 各国の民謡から20世紀の作曲家による編曲 8曲
  4. 20世紀の作曲家による作品 9曲
  5. きよしこの夜

いやはや興味深い。まずは落ち着いて順序だてて説明する。一部を構成する作曲家は下記の通り。

  1. Adrian Willaert 1490-1562
  2. Thomas Stoltzer 1475-1526
  3. Ludwig Senfl 1490-1543
  4. Michael Praetorius 1571-1621
  5. Leonhardt Schroeter 1532-1601
  6. Sethus Calvisius 1556-1615
  7. Johann Crueger 1598-1662
  8. Johannes Ecard 1553-1611

バッハやヘンデルに先行するドイツの作曲家たち。ブラームスの目尻が下がるメンツだ。

第2部ロマン派の部にハインリヒヘルツォーゲンベルクがいた。ライプチヒバッハ協会の設立発起人の一人なのだが、作品にについてブラームスはダメ出しの連発で、なかなかCDにありつけなかったがこんなところでとうとう発見だ。

とりわけ楽しい3部。フランス、オランダ、ポーランド、スウエーデン、ユーゴスラヴィア、スペイン、スイスの民謡を1937年に編曲したもの。

20世紀の作品が9曲続いた最後に大定番の「きよしこの夜」がおかれているのだが、編曲者を見て驚いた。オイゼビウス・マンディチェフスキーだ。ブラームスの弟子。ウィーン楽友協会の司書を務めた音楽家で作曲家でもあった。

ヘルツォーゲンベルクとマンディチェフスキー、ブラームスのお友達が2人も紛れ込んでいた。

 

 

 

 

2020年12月14日 (月)

プレトリウスのクリスマス

プレトリウスのクリスマスミサ。バッハより114歳年長の作曲家。立派な構成の堂々たるミサ。教会で行われるクリスマスのミサがそのままという感じ。

20180428_085855

最後に「In dolci jubilo」の大合唱が現れる。感動的だ、

2020年12月13日 (日)

シュッツのクリスマス

まずは画像から。

20201129_151555

シュッツのクリスマス物語。キリストの生誕を歌で辿るものだ。福音史家、天使、東方の博士、羊飼い、ヨゼフなどおなじみのメンバーが入れ替わり立ち代わりでにぎやかだ。

さて余白のプレトリウスが興味深い。4曲のうち先頭に「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」がある。たまらん。

 

2020年12月12日 (土)

ブクステフーデのクリスマス

ご紹介するのは2枚。

20201129_151253_20201212073601

まずは左側から。全てブクステフーデ作のオルガンカンタータ、合唱の間にオルガン独奏がはさまれる。「In Dolci Jubilo」が据えられる。カンタータにしろ合唱にしろ同曲がちりばめられる。

そして右側はずばりタイトルが「In Dolci Jubilo」になっている。副題は「ブクステフーデと仲間たちによるクリスマス音楽」とでも解されよう。

  1. ブクステフーデ
  2. ハインリッヒ・シャイデマン
  3. ヨハン・クリストフ・バッハ
  4. クリスチャン・ガイスト
  5. ヨハン・アダム・ラインケン
  6. フランツ・トゥンダー
  7. マティアス・ヴェックマン
  8. ヤン・ピーテhルスゾーン・ズヴェーリンク

いやはや華麗だ。ハンザ都市リューベックの栄光を反映したメンツ。すべてみなオルガンの巨匠でもある。侍降節からクリスマスを経て新年に至る流れが上記8名の15曲でトレースされる仕組みである。その頂点10曲目でブクスデフーデの「In Dolci Jubilo」が置かれている。

 

2020年12月11日 (金)

パッヘルベルのクリスマス

パッヘルベルのオルガン作品全集は全7枚組が2分割で発売されている。

20180208_073459
左側の第一集が5枚、右側の第二集が2枚だ。目を引くデザインでうれしい。今のところ入手可能なパッヘルベルオルガン作品全集としてほぼ唯一の存在だ。

20180208_073530

全7枚のうち、第二集のDISC1が、「Das Kirchjahr:Weinachten」とされ、クリスマス関係作品が収録されている。全集物の収録でDISC1枚がクリスマスネタとは、おしゃれである。パッヘルベルオルガン作品のうち、ディレクターがクリスマスにふさわしいと考えた作品の集合体だと思われる。

2020年12月10日 (木)

テレマンのクリスマス

テレマンのカンタータを収めたCDを入手した。タイトルが「Gottesdienst」となっている。「礼拝」のことだ。教会暦上の行事用に作曲されたカンタータ集という触れ込みだ。バッハが残したおよそ200の教会カンタータを、そうしたノリで収録したCDはショップ店頭にあふれているのだが、テレマンとなると珍しい。

4枚組をさっそく入手して聞いてみた。

このうちのディスク1が、クリスマス関連のカンタータ集になっている、待降節からクリスマスを経て、公現祭に至る流れを作品でトレースしている。

いやあ楽しい。

 

 

 

 

2020年12月 9日 (水)

2度あることは

3度あるのだ。まったくその通りだ。お気に入りのヴォーカルアンサンブル「Singer pur」のCDのことだ。すでに「SOS」「Letztes Gluck」の2つを絶賛する記事を書いたが今日はその第3弾。「Drei Schiffe sah ich segeln nach Bethlehem」というCD。

ドイツのクリスマスキャロルを集めたアルバムだが。事実上「クリスマス関連民謡集」という体裁になっている。最も古い曲で16世紀のものまである。編曲が巧妙なのは今までと一緒。男性5名にソプラノ1という一見アンバランスな編成から、息を呑むアンサンブルがこれでもかこれでもかと繰り出される。日本でおなじみのクリスマスソングもあれば初耳もある。ブラームスの「49のドイツ民謡集」WoO33と一致するものもある。

クリスマスキャロルであることを忘れて単に彼らの絶妙なアンサンブルを浴びるという目的で聴くのも悪くない。

 

 

 

 

2020年12月 8日 (火)

Schwesterhochfunf

バンベルク出身の5人姉妹によるヴォーカルユニットの名前だ。メンバーは以下の通り。

  • sop Monika
  • sop Agnes
  • Mezzo sop Franzisika
  • alto Maria
  • alto Cordula

Tschuschkeさんちのお嬢さんたちである。

彼女たちのCDを店頭で手に取って吸い込まれるように購入した。「Adventslieder」(待降節の歌)というタイトル通り、待降節をテーマにした古今の歌が、女声五重唱で次々と歌われる。既存の賛美歌を題材にミヒャエル・プレトリウスあたりから現代の作曲家まで総出で編曲した歌集だ。

驚くべきは9曲目に鎮座する「Es kommt ein schiff,geladen」だ。編曲者はヘルムート・ヴァルヒャである。 言わずと知れたオルガンの巨匠だ。

2020年12月 7日 (月)

神のみ子は世に来られた

オリジナルは「Gottes Sohn ist kommen」という。クリスマスを待つ間のコラール。

  1. バッハ BWV701
  2. パッヘルベル  P179

コラダス分類では「12」この二人が採用しているというパターンは多い。

2020年12月 6日 (日)

いま来たりませ

オリジナルでは「Nun komm,der Heiden Heiland」という。

  1. バッハ BWV599,659660,699
  2. ブクステフーデ  BuxWV211
  3. パッヘルベル  P386,387

惜しくもテレマンには引用がない。

クリスマスを待つ待降節用のコラール。

2020年12月 5日 (土)

教会歴

バッハの声楽作品に深く立ち入るとき、キリスト教とりわけプロテスタントの知識は必携と化す。わがブログでの言及が器楽に厚いのは、そこがネックになっているからだ。バッハに限らずバロック時代におけるキリスト教の音楽への影響は、現代人、特に我々日本人の想像を軽々と超えていると心得ていい。

人々のもろもろの行動や、イベントが教会歴の下敷きの上になりたっていた。イエスの生涯を1年になぞらえるという趣旨とみていい。

  • 待降節 誕生を待つ4週間 
  • 降誕節 クリスマス
  • 公現祭 クリスマスの終わり
  • 四旬節 
  • 復活祭
  • 昇天祭
  • 聖霊降臨祭
  • 三位一体節

だいたいこんな感じ。このほかに「聖人の日」がある。

教会歴は待降節から立ち上がる。12月25日から数えて4つ前の日曜日だから移動祝日である。11月29日前後となる。この時点で暦はリセットされる。三位一体後第27日曜日が、待降節より後になる場合、なかったことになるのはそのせいだ。

ドイツのあちこちの街でクリスマスマーケットが開かれ、わくわくとクリスマスを待つ4週間が始まるのだが、今年ばかりは新型コロナウイルスのために中止となるケースが多いと聞く。だからせめてブログ「ブラームスの辞書」上でクリスマス特集を開催する。

 

 

 

2020年12月 4日 (金)

レーガーにもひっそり

バッハのBWV140として名高い「目覚めよと呼ぶ声がきこえ」は古来親しまれていると見えて、これを題材に有名無名さまざまな作曲家たちがオルガンコラールを仕立てている。

バッハ以降最大のオルガン作曲家と目されるマックス・レーガーにもあった。「30の小さなコラール前奏曲」op135の25番目だ。

心洗う一品。

 

 

2020年12月 3日 (木)

ブクステフーデのSleeper's Awake

バッハのカンタータ「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」BWV140の初演日が、とても珍しい三位一体節第27の主日だった周辺を調べて興味深いCDを入手した。

ドイツ語原文で「Wachet auf,ruft uns die Stimme」というカンタータをブクステフーデも作っていた。「BUXWV100」と「BUXWV101」の2作だ。後者には偽作説も取り沙汰されている。

バッハのBWV140は、下記の7曲からなりたつ。

  1. Coro Wachet auf,ruft uns die Stimme
  2. Recitativo
  3. Aria
  4. Choral  Zion hort
  5. Recitativo
  6. Aria
  7. Choral  Gloria sey dir gesungen
これに対してブクステフーデの2作は、どちらも下記の構成だ。
  1. Coro Wachet auf,ruft uns die Stimme
  2. Choral  Zion hort
  3. Choral  Gloria sey dir gesungen

バッハの構成からレチタティーヴォとアリアを除いた形だ。

ブクステフーデがリューベックのマリア教会のオルガニストだった時代に演奏されたものと思われる。1668年から1707年の在任中、復活祭が3月26日以前だった年は、4回だけだ。1674年、1690年、1693年、1704年である。このうちのいずれかまたはすべてで演奏されていた可能性が高い。

 

 

 

 

2020年12月 2日 (水)

安定のレーゼル

BWV645はコラール「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」をバッハ自身がオルガン独奏用に編曲したものだ。いわゆるシュプラーコラールの中に含まれる。それをブゾーニがピアノ独奏用に編曲している。ブゾーニ先生についてはシャコンヌのあられもない編曲を知っているから、怖いもの見たさではあったが、これが意外と普通。

我が家にあるのはペーター・レーゼルのCDだ。ブラームスラブのレーゼルさんということもあって安心して聴ける。

 

 

2020年12月 1日 (火)

ユニゾンの力

カンタータ第140番「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」の白眉は第4曲のコラールにある。編成は、独唱テノールに第一第二の両ヴァイオリンにヴィオラと通奏低音が付き従う形。弦楽三部と通奏低音を伴奏に従えてと申すよりもむしろトリオソナタだ。

第一第二のヴァイオリンとヴィオラは全74小節を貫いてユニゾンとされる。

20171024_122501_001
上記はベーレンライター社から刊行されている新バッハ全集だが、ハ音記号で記譜されたパートには、両ヴァイオリンまで併記されている。この状態が最初から最後まで一貫して維持される。だからご覧の通り、楽譜の見てくれはトリオとなる。事実上3パート合同の弦楽器パートは、ヴィオラ御用達のハ音記号なのだが、C線を必要とする音は巧妙に回避されている。

理屈は邪魔だ。B音のアウフタクトから深々とえぐって立ち上がる旋律の色艶は比類がない。主旋律として表舞台に出たかと思えば、テノール独唱の脇役に引きこもる。その間、力強いユニソンが一瞬たりとも崩れることはない。

 

 

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ