ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ベートーヴェン生誕250年 | トップページ | ブライトコップフのクリスマス »

2020年12月17日 (木)

いつかお力を

昨日に続きベートーヴェンの話題。

ブログ「ブラームスの辞書」は2033年5月7日ブラームスの生誕200年の日まで、途切れずに記事を更新し続けることを目的にしている。あと13年、4524本の記事をひねり出さねばならない。

ベートーヴェンは、ブラームスにとっての位置づけの大きさや高さに比して、取り上げた回数が極端に少なかった。中学高校でベートーヴェンに没頭していたにもかかわらず、半ば意識的にベートーヴェンを避けてきた。

昨今のコロナ禍の影響がこんなところにも出てきた。感染拡大によって定着した在宅勤務により、バッハ→グールド→ベートーヴェンという順序でピアノ作品を聴く流れになってきた。高校時代にのめりこんだピアノソナタを今懐かしく聴いている。32曲どれを聴いても懐かしく感じる。同時に10代の自分がベートーヴェンのピアノソナタの何に惹かれていたのか思い出せずに苦笑している。

大学2年以降ブラームスにのめり込み、そこからドヴォルザーク、バッハ、ドイツバロックへと興味を広げた末、還暦を過ぎてまたベートーヴェンを聞きなおすというのも悪くない。

ブログ記事確保の意味でも、この先きっと、楽聖ベートーヴェンの力を借りる日が来る。

« ベートーヴェン生誕250年 | トップページ | ブライトコップフのクリスマス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベートーヴェン生誕250年 | トップページ | ブライトコップフのクリスマス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ