ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ミュンヘンのクリスマス | トップページ | ドイツバロック聖なる音楽 »

2020年12月23日 (水)

ルターのクリスマス

CDのタイトル。CDオリジナルは「Luthers weihnachtslieder」という。

ルター作曲のコラールのうち、クリスマス関連の作品を、同時代の作曲家たちがアレンジしたものを集めたCDである。クリアなコンセプトですがすがしい。

20181128_183520

作曲家たちを登場順に列挙しておく。

  1. ハインリヒ・フィンク
  2. トマス・シュトルツァー
  3. エサイアス・ロイスナー
  4. ルーカス・オシアンダー
  5. バルタザール・レジナリウス
  6. ヨハン・ワルター
  7. ヨハネス・ハートゥング
  8. パウル・リュトケマン
  9. ミヒャエル・プレトリウス
  10. ゲオルグ・ポラルス
  11. アダム・グンペルツハイマー
  12. カスパール・オトマイヤー
  13. ヨハネス・シュトミウス
  14. マルチン・アグリコーラ
  15. カエリウス・セドリウス
  16. ハンス・レオ・ハスラー
  17. ゲオルグ・フォスター
  18. ヨハン・エッカルド

それにしても演奏者だ。Winter、Siedlaczek、Kebowは歌手たちとしてすんなりだが、末尾のSimone Eckertさんは指揮者だろうか。その肩書「Hamburger Ratsmusik」が気になる。ハンブルグ市音楽監督なのかもしれない。

 

« ミュンヘンのクリスマス | トップページ | ドイツバロック聖なる音楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルターのクリスマス:

« ミュンヘンのクリスマス | トップページ | ドイツバロック聖なる音楽 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ