ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« プレトリウスのクリスマス | トップページ | ベートーヴェン生誕250年 »

2020年12月15日 (火)

バロックのクリスマス

2014年発売のRIAS KAMMERCHOR演奏による「Stille Nacht...」とタイトルされたCD。音源は1972年から1986年にかけてなのだがリマスタリングされたのが2014年だという。アカペラ基本ながら、ときどきコントラバスが加わるという渋い編成だ。テキストはドイツ語かラテン語。

構成は以下の5部分からなる。

  1. ルネサンスから前期バロックまで13曲
  2. ロマン派 3曲
  3. 各国の民謡から20世紀の作曲家による編曲 8曲
  4. 20世紀の作曲家による作品 9曲
  5. きよしこの夜

いやはや興味深い。まずは落ち着いて順序だてて説明する。一部を構成する作曲家は下記の通り。

  1. Adrian Willaert 1490-1562
  2. Thomas Stoltzer 1475-1526
  3. Ludwig Senfl 1490-1543
  4. Michael Praetorius 1571-1621
  5. Leonhardt Schroeter 1532-1601
  6. Sethus Calvisius 1556-1615
  7. Johann Crueger 1598-1662
  8. Johannes Ecard 1553-1611

バッハやヘンデルに先行するドイツの作曲家たち。ブラームスの目尻が下がるメンツだ。

第2部ロマン派の部にハインリヒヘルツォーゲンベルクがいた。ライプチヒバッハ協会の設立発起人の一人なのだが、作品にについてブラームスはダメ出しの連発で、なかなかCDにありつけなかったがこんなところでとうとう発見だ。

とりわけ楽しい3部。フランス、オランダ、ポーランド、スウエーデン、ユーゴスラヴィア、スペイン、スイスの民謡を1937年に編曲したもの。

20世紀の作品が9曲続いた最後に大定番の「きよしこの夜」がおかれているのだが、編曲者を見て驚いた。オイゼビウス・マンディチェフスキーだ。ブラームスの弟子。ウィーン楽友協会の司書を務めた音楽家で作曲家でもあった。

ヘルツォーゲンベルクとマンディチェフスキー、ブラームスのお友達が2人も紛れ込んでいた。

 

 

 

 

« プレトリウスのクリスマス | トップページ | ベートーヴェン生誕250年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バロックのクリスマス:

« プレトリウスのクリスマス | トップページ | ベートーヴェン生誕250年 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ