ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 欠史八代 | トップページ | 残り時間の使い方 »

2021年1月23日 (土)

磐井のトリオ

BWV525から始まる一連のオルガンのためのトリオの3番目BWV527ニ短調のこと。6曲の中で好きな方だ。

古代史に結びつけやすいオルガン作品の筆頭だ。西暦527年を筑紫の国造磐井の乱と記憶する。日本書紀、風土記、古事記の記載が微妙に違うことでいろいろ取り取り沙汰されている。4世紀中ごろに大和朝廷が国土を統一していた立場からすると厄介この上ないのだろう。大和朝廷に対する磐井の謀反ということにしないと辻褄が合わないからだ。大和vs九州の国同士の戦争で、味方の振りをして近づいた物部某が、九州領域内でいきなり襲い掛かった奇襲だったと解することですっきりする。つまり磐井は被害者。当時の城塞の遺構「朝鮮式山城」が瀬戸内海方向に向いている例があるのは東に敵がいた証拠だとか。

この人の辞世の句でもあればいいのだが、日本書記は沈黙する。奇襲で勝った側だからそうは書きにくい。

« 欠史八代 | トップページ | 残り時間の使い方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欠史八代 | トップページ | 残り時間の使い方 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ