ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 五七調 | トップページ | 正当性のアピール »

2021年1月16日 (土)

地味に九州説

唐突で申し訳ないが私は「邪馬台国は九州」だと思っている。九州のどこかは一旦保留するとしてだ。「九州説」は文字通り「邪馬台国が九州にあった」という説なのだが、「大和説」という有力な陣営の対抗勢力としての位置づけが透けて見える。19世紀ドイツ音楽界を席巻した「標題音楽vs絶対音楽」の論争にも似ている。ブラームスは絶対音楽側の首領という位置づけだ。当時は大論争だったにしても21世紀も20%経過した今となっては「微笑ましい」という感覚だ。私は議論の余地なく絶対音楽派であるが、それと同じくらい九州説支持である。

魏志倭人伝の里程記事と少々の遺物くらいしか判断の根拠はない。意地悪く言えば、いいとこ取りでどこにでも持っていける。

邪馬台国の後継が、直系かどうかは別にして磐井のいた九州王朝。4世紀中ごろに大和朝廷による国土の統一があったというのは捏造で、うーんと譲歩して九州王朝と大和政権の並立。いわゆる「磐井の乱」は両者の衝突。4世紀中ごろに統一済みという建前だと「磐井くんの反乱」でなければ都合が悪かろう。両者が並立していたからその両者の中間の地域を「中国地方」と呼んだのではあるまいなと毎度のお叱り覚悟である。

« 五七調 | トップページ | 正当性のアピール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五七調 | トップページ | 正当性のアピール »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ