ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 備蓄緊急事態 | トップページ | たいそうなコストダウン »

2021年2月 5日 (金)

無伴奏チェンバロ協奏曲

断りなく「協奏曲」と言えば、華麗なソロとそれを取り囲む楽器群を思い出すよう刷り込まれている。ところがBWV971を背負う通称「イタリア協奏曲」は、芳醇な例外を形成する。これはチェンバロ独奏曲だからだ。CDショップでもコンチェルトの売り場ではない。

生涯プロテスタント地域を出ることがなかったバッハだが、周辺各国の音楽情報の収集にはやたら熱心だった。本人の好奇心だけでは説明がつきにくい。雇い主の好みに柔軟に対応するためという側面もあるに違いない。

各国の趣味様式に敬意を払い、まずは模倣しやがては自作に取り入れる。イタリア風フランス風など自在だ。パルティータを構成する各舞曲の起源ともなればさらにエリアが広がる。

イタリア協奏曲はフランス風序曲と双璧をなす。つまり「協奏曲のイタリア」「序曲のフランス」ということだ。

イタリア音楽の柱はオペラ、宗教曲それにコンチェルトだと断言しても大火事にはなるまい。バッハは自作協奏曲の準備としてイタリアの先人たちに学んだ。その結晶がイタリア協奏曲だと仮に位置付けておく。

イタリア協奏曲で示して見せたジャンルとしての「無伴奏チェンバロ協奏曲」は、イタリア特産のコンチェルトを、ソロばかりか周辺の楽器群もろともチェンバロ独奏に転写するというコンセプトだ。コンチェルトの独奏楽器だけをピアノでという、よくある発想とは隔絶されている。コンチェルトの本家本元のイタリアにはついぞ生まれなかった。

また、のちにバッハは自作のコンチェルトをチェンバロ協奏曲に編曲しているのだが、無伴奏チェンバロ協奏曲という形態を選ばず、ソロとそれを囲む楽器群用になっている。

ピアノの台頭とパラレルに衰退していく。発想そのものがチェンバロの2段鍵盤に依存しているからだと言われている。

« 備蓄緊急事態 | トップページ | たいそうなコストダウン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無伴奏チェンバロ協奏曲:

« 備蓄緊急事態 | トップページ | たいそうなコストダウン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ