ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 1人6役 | トップページ | Unser Brahms »

2021年3月31日 (水)

例外としてのブラ1

本日に限って「ブラ1」は、ブラームスの第一交響曲ではなく、ブランデンブルク協奏曲の第一番だ。当時の慣習で曲集を構成する楽曲の数は6と決まっているから、ブランデンブルク協奏が6曲なのは慣習通りである。

ところが、この6曲には長調の曲ばかりが並ぶ上に、1番2番がヘ長調、3番4番がト長調という具合に調性の選択がバランスを欠いている。

そうした6曲のうちとりわけ1番が殊更浮き上がる。この1番だけが、4つの楽章を持つ。バッハが奉職していたケーテンの宮廷楽団で演奏ができない編成になっている。

さらに申せばメヌエットをフィナーレに据える奇抜な配置だ。ほかの6曲に類を見ない4楽章制を採用して、フィナーレに何をもってくるか思えば異例のメヌエットだ。ソナタ大事の古典派目線で申せば、いっそメヌエットを3楽章にしてくれればおさまりがいいのだが。大好きな3楽章がフィナーレにいてくれればもっと好きになっていたに違いない。

« 1人6役 | トップページ | Unser Brahms »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例外としてのブラ1:

« 1人6役 | トップページ | Unser Brahms »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ