ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« レーガー編曲 | トップページ | 例外としてのブラ1 »

2021年3月30日 (火)

1人6役

ブランデンブルク協奏曲は、バッハの人気作品の一つだ。かなりな種類のCDが出ている。特異な編成の6番がお気に入りだと何度も書いてきた。

さてここに、「ルコンセールドナシオン」のCDがある。指揮はジョルディサヴァール。1992年の発売。珍しいのは6番の独奏者だ。2本のヴィオラ奏者を必要とするのだが、うち一人がファビオビオンディになっている。お気に入りのヴァイオリニストなのだが、ここではヴィオラを聞かせてくれるということだ。てことは、ブランデンブルク協奏曲の全6曲すべてにソリストとして出番があるということになる。3番を「独奏ヴァイオリン」と呼ぶかどうかには議論もあろうが、他の4曲ではソリストだ。1番ではピッコロヴァイオリンを操っている。

どうだろう。一人のヴァイオリニストが1番から5番まですべてに独奏を担当し、さらに6番ではヴィオラに持ち替えてという1人6役はあまり見かけない気がする。

首までどっぷりのビオンディ好きの私、脳内ビオンディ補正がかかるせいか、ビオンディの6番がすっかり気に入っている。

 

 

 

 

« レーガー編曲 | トップページ | 例外としてのブラ1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1人6役:

« レーガー編曲 | トップページ | 例外としてのブラ1 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ