ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ブランデンブルク協奏曲300年 | トップページ | そもそもどうなっているのだろう »

2021年3月25日 (木)

種々の楽器のための協奏曲集

オリジナルはフランス語「Concerts avec plusiurs insturments」と綴る。

バッハはブランデンブルク辺境伯へこの言葉を添えて6曲の協奏曲を献じた。就活の一環だったともささやかれているが、バッハの思いは「いろんな楽器を使ってみました」であった。

19世紀にはいって、バッハ復興が着々と進む中、フィリップ・シュピッタが登場する。バッハ研究の泰斗で、浩瀚な「バッハ伝」の著者であるばかりか、ブラームスの親友だ。

この人こそがこの6曲を「ブランデンブルク協奏曲」と命名したその人に他ならない。「種々の楽器のための協奏曲集」のままであったら、ここまで普及したかどうか疑問だ。CDショップ店頭でのオーラも低次元にとどまっていたことだろう。

 

« ブランデンブルク協奏曲300年 | トップページ | そもそもどうなっているのだろう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種々の楽器のための協奏曲集:

« ブランデンブルク協奏曲300年 | トップページ | そもそもどうなっているのだろう »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ