ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« お買得の極み | トップページ | 犬になりきる »

2021年3月 7日 (日)

ヴィヴァルディとヴィオラ

多作家ヴィヴァルディは、作品の数ばかりではなく取り扱う楽器の種類という意味でも多彩であった。マンドリン、テオルボ、シュリモーという具合にコンチェルトの主役に取り上げている。

ところがだ。ヴィオラにだけはコンチェルトの独奏パートをかあてがっていない。コンチェルトの総奏側の楽譜には欠かさずに出番があるヴィオラなのだが、ソロにはなりえない。

合奏に参加していれば面白いし、見せ場にもありつけるのだが。テレマンにはヴィオラ協奏曲があるし、バッハにはブランデンブルク協奏曲もあるから少しはかまってくれてもよさそうなものだ。

だから「春」の2楽章の犬の鳴き声が貴重になる。

« お買得の極み | トップページ | 犬になりきる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴァルディとヴィオラ:

« お買得の極み | トップページ | 犬になりきる »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ