ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ホリガーさんの妙技 | トップページ | 聖マルコの日 »

2021年4月24日 (土)

ヴァルヒャマジック

ヴァルヒャさん自慢のバッハ新旧オルガン作品全集を買い求めたころの話しだ。

BWV525から始まるオルガンのためのトリオソナタは、「両手と足によるトリオ」という秀逸なアイデアほどには親しめていなかった。もっと言うと当時所有していたCDを聴いて腰が引けていた。むしろオーボエとヴィオラとのからみが美しいホリガー盤を愛聴していた。ところがヴァルヒャさんの新盤が我が家に来て何気なく聞いたら。絶品だった。オルガンの音色が可憐で多彩だった。

モノラルながらディスク1に6曲のトリオソナタがすべて収録されている旧盤の収録の仕方がありがたい。新盤や別演奏家のものは、収録がほぼランダムで、トリオソナタ全6曲を通して聴くには手間がかかった。そういう使い勝手は地味に大きい。

 

 

 

 

« ホリガーさんの妙技 | トップページ | 聖マルコの日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァルヒャマジック:

« ホリガーさんの妙技 | トップページ | 聖マルコの日 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ