ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 承久の変800年 | トップページ | 現代のピエタ »

2021年5月15日 (土)

ピエタ慈善院

1346年ヴェネツィアで創立。孤児、捨て子、私生児を養育した。男子はやがて退去するが、女子は結婚しない限りここにとどまったらしい。10歳までに音楽教育が始まる。才能のある子どもにより合奏団や合唱団が組織されたという。

1703年ヴィヴァルディが合奏長に就任することで絶頂期を迎える。全盛期のヴィヴァルディが曲を供給しただけでなく、子供たちの音楽的指導にも貢献した。演奏の水準から欧州中に名声が広まり、わざわざ子女を預ける貴族まで現れた。

厳格な規律の中で、優秀な教師と密接な関係を保ちつつ、到達したその演奏は、ヴィヴァルディのいくつかの作品が同院での演奏を前提にすることから相当なレヴェルだと推測されている。

 

 

« 承久の変800年 | トップページ | 現代のピエタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピエタ慈善院:

« 承久の変800年 | トップページ | 現代のピエタ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ