ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヨアヒムはヴィオラを弾いたか | トップページ | 離婚訴訟 »

2021年6月 6日 (日)

目に毒

マッコークルの大著「ブラームス作品目録」を眺めていると時々目に毒な情報に出くわす。「格言:この欺瞞の世界で」WoO27が本日の毒だ。作曲年はおそらく1853年か54年とされている。ニ短調4分の4拍子、全長11小節の2声のカノンである。

何が毒かというとまずその編成だ。片方はト音記号で記譜された人間様の声だ。先行する人の声に1小節遅れて追尾する声部は何とヴィオラなのだ。「人の声とヴィオラのための2声のカノン」ということだ。

ヴィオラ好きブラームス愛好家にとって垂涎物の編成だ。楽譜もCDも持っていない。これがなかなか見つからない。精神衛生上好ましくない。マッコークルの譜例は冒頭の5小節分が掲載されている。全長11小節なのだから、もう一踏ん張りして最後まで載せて欲しかった。

さらにこの記事をカテゴリー「203 歌曲」に入れていいものか相当悩んだ。

 

 

« ヨアヒムはヴィオラを弾いたか | トップページ | 離婚訴訟 »

コメント

プータロさま

これはこれは、貴重な情報をありがとうございます。

ワクチン接種にたどりついたような心地です。

いつも楽しく拝見しています。
デジタル図書館(IMSLP)にありましたので
以下ご参照下さい。 (ウィルスは含まれていませんのでご安心を)

https://imslp.simssa.ca/files/imglnks/usimg/f/ff/IMSLP102775-PMLP210230-Brahms_Werke_Band_21_Breitkopf_JB_130_WoO_27_filter.pdf

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目に毒:

« ヨアヒムはヴィオラを弾いたか | トップページ | 離婚訴訟 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ