ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 就職試験 | トップページ | テキストの中の職人たち »

2021年7月29日 (木)

シューマンをどうする

今日はロベルト・シューマンの命日である。この度の第二次歌曲特集の準備に際し、参照した作曲家は少なくない。シューベルトは別格としてシューマンはかなりな位置づけだ。ブラームスとの縁浅からぬという切り口ならシューベルトを軽く凌駕する。ブラームスを世に出した恩人でありクララの夫ということだけでも赤文字特筆大書の上にアンダーラインが要る。

ブラームスの歌曲を音楽史の流れの中で再把握するにあたり、シューマンの歌曲だってまとまった数聴いたのだが、シューベルトに比べると引っかからなかった。ブラームスの伝記にシューベルトの歌曲との関連をにおわせる記述が頻繁に現れるのに対し、シューマンの歌曲はスルーに近い。シューベルト歌曲の編曲にだってしばしば手を染めているのに、シューマンの歌曲を編曲したことは聞かない。

こと歌曲というジャンルにおいてはシューマンという切り口がキーにならないということなのだ。ほんの情報収集のつもりで聴きかじったシューベルトの歌曲にはみるみるうちにはまりこんだのとは対照的だ。

今は、その直感を信じることとする。ブログ「ブラームスの辞書」のゴールまでまだ12年ある。いよいよ記事に困ったとき、またシューマンに立ち戻るのもよいではないか。

« 就職試験 | トップページ | テキストの中の職人たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 就職試験 | トップページ | テキストの中の職人たち »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ