ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« レントラー | トップページ | 発起人団 »

2021年7月 9日 (金)

シューベルティアーデ

「シューベルトを囲む会」のこと。そこそこの著名人にでもなれば誰にでも発生すると思われるが、このような言い回しはシューベルトに限られる気がする。ブラームス初訪問のころ、リストを取り巻く仲間がまるでサロンのようだったとされているが「リスティアーデ」とは言われていない。ワーグナーについて回る「ワグネリアン」には「ワーグナーを囲む」イメージがない。何か定義でもあるのだろうか。

シューベルティアーデはウィーンのある篤志家が、自宅を自由に使わせていて自然発生したらしい。シューベルト作品を中心に仲間が集まって、演奏会を開くようになった。室内楽、連弾を含むピアノ曲、声楽アンサンブル、そして独唱歌曲だ。シューベルトはまさにこの集まりのために作品を供給した。

大編成の管弦楽にはなじまぬが、シューベルトを考える上で不可避の概念だそうだ。

もちろん「ブラームシアーデ」という言い回しも聞かない。

« レントラー | トップページ | 発起人団 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューベルティアーデ:

« レントラー | トップページ | 発起人団 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ