ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 粉屋と狩人 | トップページ | ます »

2021年7月24日 (土)

漁師の系譜

ブログ「ブラームスの辞書」上でシューベルトの歌曲を辿る旅を続けている。案内人は歌手のディートリッヒ・フィッシャーディースカウ先生だ。お名前の中ほどに「フィッシャー」とある。ドイツ語では「Fischer」と綴るのだが、これが「漁師」の意味である。末尾の「ディースカウ」にも注目だ。語尾「au」は水辺を意味する地名語尾にもなっている。「漁師」と「水辺」は縁語みたいなものでおさまりがいい。

さてその「漁師」だが、シューベルト歌曲作品を眺めているとたびたびお目にかかる。D番号順に列挙するとおよそ以下の通りとなる。テキストの供給者名も添えておく。

  • D225 漁師/ゲーテ
  • D351 漁師の歌/ザリス・ゼーヴィス
  • D561 漁夫の歌/ザリス・ゼーヴィス
  • D881 漁師の歌/シュレヒタ
  • D933 漁師の愛の幸せ/ライトナー

タイトルに「Fischer」が存在する作品だけでこのありさまだ。何故このようなことを申すかといえば、ブラームスには1曲もないからだ。ブラームス歌曲にはタイトルに「Fischer」が出現しない。そういうテキストを選ばないとうことだ。作品総数に3倍の差があるけれど押さえておきたい。

« 粉屋と狩人 | トップページ | ます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 粉屋と狩人 | トップページ | ます »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ