ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Ade | トップページ | 論争の決着 »

2021年8月 1日 (日)

白鳥の歌論争

シューベルト三大歌曲集のラスト「白鳥の歌」の話。同歌曲集に先行する「美しき水車小屋の娘」や「冬の旅」と違って、作曲者シューベルトが歌曲集という体裁に関与していないという話をしてきた。

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第二巻194ページにホイベルガーの証言する興味深いエピソードがある。1896年12月12日とあるから、ブラームスが没する4ヶ月程前のことだ。

話題は例の「白鳥の歌」だ。とある歌手がそれをまとめて演奏するという噂を聞き、ブラームスがヘソを曲げたという。「白鳥の歌」はまとまった歌曲集ではないというブラームスの持論に反するからだとはっきりと書いてある。「かのシュトックハウゼンもまとめて演奏しましたが」という反論には「奴はちっとも言うことを聞かないから」とバッサリだとも書いてある。これらを書き留めたホイベルガーは、自分の意見を述べることなく、楽友協会司書でシューベルト全集歌曲部分の編集主幹であったオイゼビウス・マンディチェフスキーの言葉をじっと引用する。

「自筆譜からはシューベルトが歌曲集をひとつのものとして考えていたことが読み取れる」とある。

歌曲集「白鳥の歌」には当時論争があったということだ。多数決的にはブラームスは分が悪そうだ。

 

 

 

« Ade | トップページ | 論争の決着 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Ade | トップページ | 論争の決着 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ