ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドヴォルザーク生誕180周年 | トップページ | イェンナーの証言 »

2021年9月 9日 (木)

シューベルトとドヴォルザーク

昨日「せっかくのドヴォルザーク生誕180周年がシューベルト特集の真っただ中で申し訳ない」と書いた。 しかしながら、しかしながら、実はそれも一興と感じ始めてもいる。

1797年生まれのシューベルトと1841年生まれのドヴォルザーク。 1833年生まれのブラームスは、この二人を愛した。 ブラームスはシューベルト没後の生まれだが、ドヴォルザークは8つ年上なだけの同世代。 少しだけ出世が早かっただけのめぐりあわせで、ハプスブルク王室国家奨学金の審査員として発見したドヴォルザークを世に出した。 ブラームスいわく「彼ドヴォルザークの仕事場のゴミ箱から、いくつか旋律を拾い出してつなげれば曲になる」と。 ブラームス独特の遠回しな賞賛だ。 ドヴォルザークをメロディーメーカーとして高く評価した。 オペラの脚本選びのセンスの無さに苦言も呈するが、「懐かしいのに誰の真似でもない旋律」が次々湧いて出る才能を激賞した。 きれいな旋律をただつなぐだけに堕落しないため、あえてソナタ形式の枠内にとどまる見識も評価の内にある。

一方シューベルトに対してもこれまた手放しの賞賛。 ウイーン進出直後にむさぼるように未刊のシューベルト作品を写譜して、後にはシューベルト協会のメンバーに名を連ねて事あるごとにシューベルトを擁護した。

この二人汲めども尽きぬ旋律の泉だ。片やウイーン、片やプラハ。本拠地は違っても彼らの本質は旋律。ブラームスの2人への溺愛にはメロディーメーカーぶりへの若干のやっかみも混入している気がする。旋律とも言えないような断片を発展させてソナタに仕上げる才能ならば、当代一の座に君臨したブラームスだが、展開の余地のない旋律を次々生み出す才能では二人に劣るという自覚。対位法だ、フーガだ、展開部だ、再現部だなどという小難しい理屈が霞むほどの旋律。

シューベルト特集の真っただ中にドヴォルザークのメモリアルデーが訪れるのはむしろ吉兆。

« ドヴォルザーク生誕180周年 | トップページ | イェンナーの証言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューベルトとドヴォルザーク:

« ドヴォルザーク生誕180周年 | トップページ | イェンナーの証言 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ