ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヴィトマンの証言 | トップページ | 記事6000本 »

2021年9月14日 (火)

シュトックハウゼンの弟分

ジョージ・ヘンシェル(1850-1934)はブレスラウ生まれの歌手、作曲家、指揮者。ボストン交響楽団の初代指揮者としても名高いけれど、ブラームスは歌手としての才能を高く評価した。文筆家としてブラームスの回想録も残している。ブラームスとの愉快なやりとり満載で、優秀な演奏家としての側面を忘れられがちだが、しばしばシューベルトが話題になっている。

一方フィッシャーディースカウ先生の「シューベルトの歌曲をたどって」の中でもヘンシェルが取り上げられている。

シューベルト没後の作品の受容を論ずる章に現れる彼をフィッシャーディースカウ先生は「シュトックハウゼンンの弟分」と呼んでいる。演奏や解釈、あるいはキャラからそう呼んでいるという文脈だ。シュトックハウゼンとは申すまでもなくブラームスの友人にして当時最高のバリトンだ。その弟分というのは賞賛含みに決まっている。歌手の系統上の後継というニュアンスまで感じてしまう。ということはつまり、ヘンシェルのシューベルト演奏も高い評価を受けていたということを示唆する。

リューゲン島でブラームスとともに夏を過ごすヘンシェルが、ホテルのロビーでブラームスを伴奏者に従えて即興のリサイタルを開いた。曲目にシューベルトがあったと回想している。

« ヴィトマンの証言 | トップページ | 記事6000本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴィトマンの証言 | トップページ | 記事6000本 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ