ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シュトックハウゼンのやらかし | トップページ | タルタルスの群れ »

2021年10月18日 (月)

管弦楽伴奏付与

シューベルト大好きのブラームスは歌曲の管弦楽伴奏付与にいそしんだ。断りなく「管弦楽伴奏」と言うと華麗なオーケストレーションを施したかと誤解されかねない。ブラームスの手による管弦楽伴奏についてその編成を整理しておく。

  1. 馭者クロノスD369 2Fl,2Ob,2Cl,2Fg,2Hr,2Tp.Tim,弦楽5部
  2. メムノンD541 2Fl,2Ob,2Cl,2Fg,4Hr,弦楽5部
  3. タルタルスの群れD583 2Fl,2Ob,2Cl,2Fg,Kfg,2Hr,2Tp,3Tb,Tim,弦楽5部
  4. 秘め事D719 Hr,2Vn,Va,Vc
  5. 老人の歌D778 2Fl,2Cl,2Fg,3Tb,2Va,2Vc,Kb
  6. エレンの歌2D838 4Hr,3Fg
  7. 夜の曲D672 Fl,Ob,Cl,Fg,Kfg,Harp,弦楽5部

以上だ。これらを「管弦楽伴奏」というタグで一くくりにするのは心許ない気がしている。

最大の編成は上記3の「タルタルスの群れ」だ。シューベルトのオリジナルのピアノ伴奏も色とりどりだから、管弦楽への転写で華麗になるのは理解出来る。けれどもそれでもベルリオーズあたりと比べるとおとなしい印象だ。ほぼ第一交響曲と同じ編成である。これを標準としておさえておく。

上記1「馭者クロノス」と上記3「メムノン」および上記7「夜の曲」は標準の編成から少々の控除がある程度。金管楽器と打楽器が抜ける感じ。「夜の曲」のハープは珍しい。

しかし上記4~6はかなり個性的。

ホルン1とコントラバスを除く弦楽器の「秘め事」、「老人の歌」では打楽器に加えオーボエ、ホルン、トランペットが脱落している他、ヴァイオリンもいない。ドイツレクイエムの第一曲で起きている編成に近い。

「エレンの歌2」はホルン4にファゴット3だけ。管弦楽版と呼ぶのもはばかられる。

 

 

 

« シュトックハウゼンのやらかし | トップページ | タルタルスの群れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シュトックハウゼンのやらかし | トップページ | タルタルスの群れ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ