ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Singphonik Schubert | トップページ | ホルン伴奏という発想 »

2021年11月30日 (火)

合唱と重唱

先般話題にした「シューベルト世俗合唱曲全集」7枚組と昨日の「男声パートソング全集 」5枚組の収録作品を比べてみる。CDの総数で2枚の差があるから収録曲数の差は当然だ。パートソング全集の側の収録曲はほぼ世俗合唱曲全集と重なる。世俗合唱曲全集側の収録作品のうち、世俗とはいいながらテキストの内容が宗教作品っぽい曲や、参加パートにソプラノやアルトを含む作品が、パートソング全集から脱落している。

つまり、男声合唱で歌える作品は男声重唱でも歌えるいうことだ。

作曲家が合唱作品として残しても声楽アンサンブルとして歌われるし、その逆もある。そのあたり演奏家に任されている気がする。これらの全集を両方所有することで、同じ作品を合唱と重唱で楽しめるということだ。

 

« Singphonik Schubert | トップページ | ホルン伴奏という発想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Singphonik Schubert | トップページ | ホルン伴奏という発想 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ