ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヴィルデマンの丘で | トップページ | An Sylvia »

2021年11月18日 (木)

歌のあるテンペスト

まったくもって私の勝手な命名だ。「Auf dem Wasser zu singen」D774のこと。「テンペスト」とはもちろんベートーヴェンのピアノソナタ第17番のことだ。同曲の第一楽章冒頭。

20211024_103330

赤枠で囲った部分の8分音符のイメージが、

20211025_161533

これに似ていると思うからだ。片や8分音符、片や16分音符。拍子も違えば調も違うのになぜか似ていると思うからこその命名。スラーでつながった2つの音が、さざ波のように下降を繰り返す枠組みが似ていると言えなくもない程度だ。

「水の上にて歌う」という邦訳の通り、この特色ある音型は、波か流れか水の動きを描写すると見て間違いあるまい。この音型が延々繰り返される中、旋律が載せられる。その旋律中にもさりげなく組み込まれることもまた印象深い。

見ての通り、調号はフラット4個。放置すれば変イ長調かヘ短調なのだが、様子が変だ、そう冒頭小節からいきなり、「C音」にフラットが寄り添う。これにより変イ短調がいきなり安定確保される、変イ短調は律儀に調号を付与したらフラット7個が必要なところ、フラット4個にとどめて、必要に応じた臨時記号でまかなっているけれど、歌が途切れる間奏部分には「C音」へのフラット関与はなくなるから、変イ長調の晴れ間がのぞく。けれど、歌が復帰する1小節前にはまたC音にフラットが奉られて、頑固に変イ短調が志向される。こうした枠組みは最後までかたくなに守られる。

名高い歌曲集「美しき水車小屋の娘」と作曲年代が近い。水の戯れという意味ではこちらの方が数段芸が細かい。水車小屋の主役はあくまでも娘なのに対して、こちらは水が主役だからかと妄想がやまない。

そうそう、フラット4個の曲が冒頭から変イ短調化する歌曲がブラームスにもあった。「エーオルスのハープに寄せて」op19-5だ。

 

 

« ヴィルデマンの丘で | トップページ | An Sylvia »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴィルデマンの丘で | トップページ | An Sylvia »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ